金槐和歌集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ҟ『金槐和歌集』(きんかいわかしゅう)は、鎌倉時代前期の源実朝家集(歌集)。略称で『金槐集』とも呼ばれる。

概要[編集]

成立は藤原定家より相伝の『万葉集』を贈られ、定家所伝本の奥書がある建暦3年(1213年)12月18日(実朝22歳)までとする説が有力。全一巻、663首(貞亨本では719首)掲載されている。『金槐和歌集』の「金」とはの偏を表し、「槐」は槐門大臣唐名)を表しているため、別名『鎌倉右大臣家集』といわれている。ただし、実朝の大納言(亜槐)や大臣(内大臣右大臣)叙任は建保6年(1218年)である。

昭和4年(1929年)に佐佐木信綱によって発見された定家所伝本と、貞享4年(1687年)に版行された貞享本の2系統が伝えられている。前者は建暦3年12月18日の奥書があり、自撰・他撰(定家による撰)両説あるが、冒頭三句と掉尾三句に後鳥羽院への強い思慕が伺えることなどから、自撰が有力である。

後者は、奥書に「柳営亜槐」による改編とあるが、「柳営亜槐(征夷大将軍と大納言)」が誰であるかについて明確でなく、藤原頼経や一条兼良が想定されてきたところ、1968年に益田宗足利義政と比定し、定説となった。これに対し、2013年に小川剛生は、義政の柳営亜槐時代に歌書収集活動が見られず、足利義尚の柳営亜槐時代に活発な歌集収集、部類(改編)活動が見られることなどから、義尚が文明15年(1483年)前後に編集したことを論証した。ただし、定説には至っていない。

国学者賀茂真淵に称賛されて以来、「万葉調」の歌人ということになっている源実朝の家集であるが、実際には万葉調の歌は少ない。所収歌の多くは古今調新古今調本歌取りを主としている。松尾芭蕉は、中頃の歌人は誰かと聞かれ、即座に「西行と鎌倉右大臣」と答えている。正岡子規斎藤茂吉小林秀雄からは最大級の賛辞を送られている。

構成[編集]

定家所伝本では、春、夏、秋、冬、賀、恋、旅、雑の各部663首により構成される。万葉調の歌は雑部に多い。冒頭三首は後鳥羽院の朝廷への敬慕を、掉尾三首は後鳥羽院の御書を受けた時の感激を伝える絶唱であり、見事に照応している。

貞享本(柳営亜槐本)は「春部」「夏部」「秋部」「冬部」により構成される「巻之上」、「恋之部」である「巻之中」、「雑部」である「巻之下」719首により構成される。万葉調の写実的、思想的歌は「巻之下」に多い。「柳営亜槐本は、実朝自撰の建暦三年本の部類、配列を、自己の見解に従ってどしどし改変する蛮勇を振ってあり、遺憾な点が少なくない」(樋口芳麻呂「金槐和歌集」解説)とされる。

例:(番号は定家所伝本、貞享本の順)

  • けさ見れば山もかすみてひさかたの 天の原より春は来にけり(正月一日よめる 第1.1首)
  • 萩の花くれぐれまでもありつるが 月出でて見るになきがはかなさ(第188.210首)
  • たまくしげ箱根のみうみけけれあれや 二国かけて中にたゆたふ(第638首)
  • 箱根路をわれ越えくれば伊豆の海や 沖の小島に波の寄るみゆ(第639首)
  • 空や海うみやそらともえぞ分かぬ 霞も波も立ち満ちにつつ(第641首)
  • くれなゐのちしほのまふり山のはに 日の入るときの空にぞありける(第633.700首)
  • 神風や朝日の宮の宮遷 かげのどかなる世にこそ有りけれ(伊勢御遷宮の年の歌、第659.616首)
  • 熊野の葉しだり雪降らば 神のかけたる四手にぞ有らし (第312.637歌)
  • いそのかみふるき都は神さびて たたかにしあらや人も通わぬ (故郷を神祇に寄せて読みける、第594.646首)
  • をくみをつくるも人なげき 懺悔にまさる功徳やはある (懺悔歌、第616.651歌)
  • 世の中は鏡にうつる影にあれ あるにもあらずなきにもあらず (「大乗作中道観歌」、第614.653首)
  • ほのほのみ虚空にみてる阿鼻地獄 行方もなしといふもはかなし(第613首)
  • 神といひ佛といふも世中の ひとのこころのほかのものかは(「心の心をよめる」、第618.654首)
  • 黒木もて君が作れる宿なれば 萬世ふともふりずも有りなむ(大嘗会の年の歌に、第362.677首)
  • 大海の磯もとどろに寄する波 われて砕けて裂けて散るかも(第641.697首)
  • みちのくにこににやいづく鹽釜の浦とはなしに煙立つ見ゆ(民のかまどより煙のたつを見て読める、第637.698首)
  • いとほしやや見るに涙もとどまらず 親なき子の母を尋ぬる(「道のほとりにおさなき童の母を尋ねていたく泣くを、そのあたりの人に尋ねしかば、父母なむ身にまかりしと答え侍りしを聞て」、第608.717首)
  • 時により過ぐれば民のなげきなり八大龍王雨やめたまへ(建暦元年七月洪水被害浸天地民愁歎きせむことを思ひて一人奉向本尊卿至念と云、第619.719首[1]
  • 山はさけ海はあせなむ世なりとも 君にふた心わがあらめらも(太上天皇御書下預時歌、第663.679首)定家所伝本の掉尾

注釈[編集]

  1. ^ )この和歌は当時皇太子であった今上天皇が2015年(平成27年)11月18日に国際連合本部で開催された「第2回 国連水と災害に関する特別会合」における英語での基調演説「Quest for Bettter Relations between People and Water」(人と水のよりよい関わりを求めて)の「日本の和歌と俳句における水」の節で、
    Peoples's sorrow will unbearably increase
    When rain falls in excess
    May I pred to you, Great Eight Dragons,
    To make the downpours cease
    と英訳され引用されている。「水運史から世界の水へ」p.247(4) ISBN 978-4-14-081772-8

参考文献[編集]

  • 『金槐和歌集』斎藤茂吉校訂、岩波文庫(1929年) ISBN 4-00-301031-0 柳営亜槐本による配列
  • 『金槐和歌集』斎藤茂吉校訂、日本古典全書(1950年) 定家本による配列
  • 小林秀雄「実朝」(『無常という事』に所収) 
  • 『金槐和歌集』樋口芳麻呂校註、新潮日本古典集成(1981年) 定家本による配列
  • 『金槐和歌集』本文及び総索引、久保田淳・山口明穂編(1983年) 定家本の翻刻
  • 「足利義尚の私家集蒐集とその伝来について」 小川剛生 「和歌文学研究」2013年6月
  • 「柳営亜槐本をめぐる問題」小川剛生 『源実朝 虚実を超えて』渡部泰明編(2019年)所収
  • 『源実朝 東国の王権を夢見た将軍』坂井孝一(2014年)
  • 「実朝と後鳥羽院 定家所伝本「金槐和歌集」をめぐる試論」今関敏子(川村学園女子大学研究紀要 2012年)

関連項目[編集]