小川剛生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 剛生(おがわ たけお、1971年 - )は、日本の国文学者慶應義塾大学教授。専攻は中世和歌史。東京都出身。

略歴[編集]

  • 1993年3月 慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業(卒業論文は「中務卿宗尊親王とその周辺―鎌倉中期歌壇と歌人の研究」[1]
  • 1995年3月 慶應義塾大学文学部修士課程修了(修士論文は「二条良基の研究」[2]
  • 1997年3月 慶應義塾大学大学院博士課程中退
  • 1997年4月 熊本大学文学部講師
  • 1999年 「室町期の即位灌頂-東山御文庫蔵「後福照院関白消息」をめぐって」で第25回日本古典文学会賞を受賞[3]
  • 2000年4月 熊本大学文学部助教授
  • 2000年6月 「二条良基の研究―中世公家の学問世界―」を慶應義塾大学に提出し文学博士の学位を取得[4]
  • 2001年4月 国文学研究資料館助教授
  • 2006年11月 『二条良基研究』で第28回角川源義賞を受賞(最年少)[5]
  • 2007年4月 国文学研究資料館准教授
  • 2009年4月 慶應義塾大学文学部准教授[6]
  • 2016年4月 慶應義塾大学文学部教授
  • 2018年6月 『兼好法師-徒然草に記されなかった真実-』で第3回西脇順三郎学術賞を受賞

著書[編集]

  • 『拾遺現藻和歌集 本文と研究』(三弥井書店、1996年
  • 『南北朝の宮廷誌 二条良基の仮名日記』(臨川書店2003年
  • 『二条良基研究』(笠間叢書、笠間書院2005年
  • 『武士はなぜ歌を詠むか―鎌倉将軍から戦国大名まで』(角川叢書40、角川学芸出版2008年、のち角川選書572、KADOKAWA、2016年)
  • 『中世の書物と学問』(日本史リブレット78、山川出版社 2009年)
  • 『足利義満 公武に君臨した室町将軍』(中公新書2179、中央公論新社2012年
  • 『中世和歌史の研究-撰歌と歌人社会-』(塙書房、2017年
  • 『兼好法師-徒然草に記されなかった真実-』(中公新書2463、中央公論新社、2017年)

共編ほか[編集]

  • 『歌論歌学集成 第十巻 為兼卿和歌抄・延慶両卿訴陳状・歌苑連署事書・和歌庭訓・井蛙抄・愚問賢注・近来風体』佐々木孝浩・小林強・小林大輔共編 三弥井書店 1999年
  • 『表紙文様集成』中野真麻理共編 人間文化研究機構国文学研究資料館調査収集事業部 2004年
  • 『ZEAMI 4―中世の芸術と文化 足利義満の時代』松岡心平共編 森話社 2007年
  • 『禁裏本と古典学』吉岡真之共編 塙書房 2009年
  • 『正徹物語 現代語訳付き』角川ソフィア文庫 2011年
  • 『迎陽記 一 史料纂集』八木書店 2011年
  • 『新版 徒然草 現代語訳付き』角川ソフィア文庫 2015年

参考[編集]

  • J-GLOBAL 研究者情報:[7]
  • 慶應義塾大学研究者情報総覧:[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『藝文研究』第64号彙報:[1]
  2. ^ 『藝文研究』第69号彙報:[2]
  3. ^ e-hon:[3]
  4. ^ 慶應義塾大学文学部:[4]
  5. ^ 角川文化振興財団:[5]
  6. ^ 慶應義塾大学研究者情報総覧:[6]