山口明穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 明穂(やまぐち あきほ、1935年6月16日 - 2018年8月27日)は、日本古典国語学者東京大学文学部教授を経て、東京大学名誉教授

経歴[編集]

神奈川県横浜市鶴見区生まれ[1]精華小学校横浜国立大学附属中学校東京都立日比谷高校を経て、1959年東京大学文学部国文学科卒業[1]1963年、同大学大学院人文科学研究科国語国文学専修博士課程中退[1]

同年12月、愛知教育大学専任講師[1]1967年助教授[1]1968年白百合女子大学助教授[1]1976年教授[1]1977年東京大学文学部助教授[1]1985年教授[1]1996年、東京大学を定年退官し、名誉教授[1]中央大学文学部教授に就任[1]2006年、定年退職[1]

2018年8月27日肺炎のため、東京都町田市の病院で死去、享年83歳[2]。死去日をもって叙従四位瑞宝中綬章追贈[1][3]

著書[編集]

  • 『中世国語における文語の研究』 明治書院 1976
  • 『国語の論理 古代語から近代語へ』 東京大学出版会 1989.3
  • 『日本語を考える 移りかわる言葉の機構』 東京大学出版会 2000.9
  • 『日本語の論理 言葉に現れる思想』 大修館書店 2004.2

共編著[編集]

  • 『旺文社詳解国語辞典』 秋本守英共編 旺文社 1985.11
  • 『国文法講座 全6巻別巻』 明治書院 1987-1988
  • 『岩波漢語辞典』 竹田晃共編 岩波書店 1987.11
  • 『日本の言語文化2 』放送大学 1993
  • 『古典文法必携』 學燈社 1993
  • 『岩波新漢語辞典』 竹田晃共編 岩波書店 1994.1
  • 『日本語の変遷』 放送大学 1997
  • 『旺文社国語辞典』 松村明和田利政共編 第9版 旺文社 1998.9
  • 『日本語文法大辞典』 秋本守英共編 明治書院 2001.3
  • 『旺文社古語辞典』 松村明、和田利政共編 第9版 旺文社 2001.10
  • 『王朝文化辞典 万葉から江戸まで』 鈴木日出男共編 朝倉書店 2008.11

校註[編集]

記念論文集[編集]

  • 国語学論集 山口明穂教授還暦記念会 明治書院 1996

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 矢田, 勉 (2018-12-01) (日本語), 山口明穂先生年譜および著述目録, 日本語学会, doi:10.20666/nihongonokenkyu.14.4_6, https://doi.org/10.20666/nihongonokenkyu.14.4_6 2021年9月17日閲覧。 
  2. ^ 山口明穂氏死去/東大名誉教授 四国新聞 2018年8月30日
  3. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年9月22日朝刊

参考[編集]

  • 山口明穂教授 略年譜 『紀要 文学科』2006-03