鈴木健一 (日本文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 健一
(すずき けんいち)
人物情報
生誕 (1960-04-21) 1960年4月21日(62歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学東京大学大学院人文社会系研究科・文学部
東京大学大学院人文科学研究科
学問
研究分野 日本近世文学
研究機関 学習院大学
学位 文学博士 東京大学
学会 日本文学協会
日本近世文学会
和歌文学会
東方学会
主な受賞歴 日本古典文学会賞
公式サイト
鈴木健一 - Researchmap
テンプレートを表示

鈴木 健一(すずき けんいち、1960年4月21日 - )は、日本近世文学研究者。専門は日本近世文学全般、和歌、漢文学[1]学習院大学教授。

人物[編集]

東京都生まれ[1]東京大学文学部国文科卒業、1988年同大学大学院博士課程単位取得退学[1]1994年日本古典文学会賞受賞。1997年、「近世堂上歌壇の研究」で東大文学博士1988年、東大教養学部助手、1993年茨城大学助教授2001年日本女子大学教授、2004年、学習院大学教授[1][2][3]

近世文学が専門だが、詩歌(和歌と漢詩)の歴史や古典の享受史、和漢比較文学など、研究テーマは幅広い[3]。そのため、古典全般に造詣が深く、研究書から一般書まで、数多くの著作を刊行している。

妻は国文学者の鈴木宏子

著書[編集]

  • 『近世堂上歌壇の研究』汲古書院、1996年、増訂版2009年
  • 『江戸詩歌の空間』森話社、1998年
  • 『林羅山年譜稿』ぺりかん社、1999年
  • 伊勢物語の江戸 古典イメージの受容と創造』森話社、2001年
  • 『江戸詩歌史の構想』岩波書店、2004年
  • 『知ってる古文の知らない魅力』講談社現代新書、2006年
  • 『古典詩歌入門』岩波書店〈岩波テキストブックス〉、2007年
  • 『風流 江戸の蕎麦 食う、描く、詠む』中公新書、2010年
  • 『江戸古典学の論』汲古書院、2011年
  • 林羅山 書を読みて未だ倦まず』ミネルヴァ書房日本評伝選〉、2012年
  • 『日本漢詩への招待』東京堂出版、2013年
  • 『古典注釈入門 歴史と技法』 岩波現代全書、2014年
  • 『江戸諸國四十七景 名所絵を旅する』講談社選書メチエ、2016年
  • 『天皇と和歌 国見と儀礼の一五〇〇年』講談社選書メチエ、2017年
  • 『不忍池ものがたり 江戸から東京へ』岩波書店、2018年
  • 佐佐木信綱 本文の構築』(近代「国文学」の肖像 第3巻)岩波書店、2021年

編著[編集]

  • 『歌論歌学集成 第15巻』三弥井書店、1999年
  • 『源氏物語の変奏曲 江戸の調べ』三弥井書店、2003年
  • 後水尾院御集 和歌文学大系68』明治書院、2003年
  • 『義経伝説 判官びいき集大成』小学館、2004年
  • 『江戸の詩歌と小説を知る本』笠間書院、2006年
  • 『江戸の「知」 近世注釈の世界』森話社、2010年
  • 『鳥獣虫魚の文学史―日本古典の自然観』全4巻 三弥井書店、2011年-2012年
  • 『輪切りの江戸文化史-この一年に何が起こったか?』 勉誠出版、2018年
  • 『明治の教養 変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉』勉誠出版、2020年
  • 東海道五十三次をよむ』三弥井書店、2020年

共編・共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 浜美枝のいつかあなたと: 2017年1月22日のゲストは鈴木健一さん(学習院大学文学部教授)”. www.joqr.co.jp. 文化放送. 2022年7月7日閲覧。
  2. ^ マイポータル - researchmap”. researchmap.jp. 2020年2月11日閲覧。
  3. ^ a b スタッフ紹介 鈴木 健一(SUZUKI, Ken'ichi) 教授”. www.gakushuin.ac.jp. 2020年2月11日閲覧。

参考[編集]

  • 学習院大学:[1]

外部リンク[編集]