フランツ・エッケルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「君が代」の譜面の表紙、クルト・ネットー作(1880年)

フランツ・エッケルトFranz Eckert1852年4月5日 - 1916年8月6日)は、明治時代の日本で活動したドイツの作曲家

経歴[編集]

プロイセン王国ニーダーシュレージエン地方のノイローデ(現在のポーランド ドルヌィ・シロンスク県ノヴァ・ルダ英語版)でドイツ語母語とするカトリックの家系に生まれ、ブレスラウドレスデンの音楽学校に学んだ。その後、軍楽隊でオーボエ奏者として活動する。

1879年に来日する。1880年奥好義林廣守作曲、林廣守撰定の「君が代」に伴奏、和声を付けた。以後、日本を離れるまで、海軍軍楽隊音楽取調掛宮内省式部職陸軍戸山学校その他、洋楽教育機関のほとんどすべてにかかわった。1897年英照皇太后大喪の礼のために『哀の極(かなしみのきわみ)を作曲した。

海軍は明治初年の創設以来英国式の軍制を採って来たが、音楽に関しては、当初のフェントンによる英国軍楽隊方式から、エッケルトの着任以来、ドイツ式の理論や教育が浸透した。

1899年、離日する。帰国後、故郷では温泉保養地のオーケストラ等の仕事しか得られなかったため再びアジアでの活動を希望して朝鮮半島に渡り、李王朝の音楽教師となり、大韓帝国の軍楽隊の基礎を築くが、日韓併合後は野に下り、民間吹奏楽の指導者として西洋音楽の普及に貢献した。京城(現ソウル)で客死した。墓所は現在も韓国国内にある。

学生時代の専攻と故郷での最初の仕事はオーボエであったとされるが、日本ではオーボエの演奏・指導の記録はなく、ヴァイオリンヴィオラフルートなどを演奏した記録だけが残っている。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』154号「賞勲」1884年1月7日、p.5。

ディスク[編集]