さまよえるオランダ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

さまよえるオランダ人』(さまよえるオランダじん、ドイツ語: Der fliegende Holländer)はリヒャルト・ワーグナー作曲のオペラ

概要[編集]

神罰によって、この世と煉獄の間を彷徨い続けているオランダ人幽霊船があり、喜望峰近海で目撃されるという伝説(「フライング・ダッチマン」)を元にした、ドイツの詩人ハインリッヒ・ハイネの『フォン・シュナーベレヴォプスキー氏の回想記』(Aus den Memoiren des Herren von Schnabelewopski1834年)にワーグナーが着想を得て再構成し、1842年に完成し、1843年に初演された。

登場人物[編集]

演奏時間[編集]

1幕形式の場合で約2時間10分かかる。救済が無い初稿は、救済がある最終稿よりも2~3分短い。ワーグナーの全オペラ作品では一番短い。3幕版は今日では実際の上演が珍しいが各幕50分、50分、30分の割合。第一幕の後で一回だけ休憩を取る場合もある。

楽器編成[編集]

フルート2、ピッコロオーボエ2(2番はイングリュッシュ・ホルン持ち替え)、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ(作曲当初はオフィクレイド)、ティンパニ1対、風音器タムタムハープ弦五部

バンダ:ホルン6、ピッコロ3

あらすじ[編集]

作曲者の欲した形式は1幕形式であったが、当時の未熟な舞台技術によって止むを得ず3幕構成にさせられた。なお現行の楽譜に2つの稿があり、第1稿が荒々しいオーケストレーションの救済のない形(1841年版)、第2稿が幾分穏やかなオーケストレーションで救済のある形(1880年版)の2つの版がある。それぞれの稿の違う部分は、主に序曲の最後と終幕のフィナーレのオーケストレーションである。ウィーン国立歌劇場では、前演出までは第1幕の後に休憩を入れたが、今では完全に1幕形式上演である。現在のバイロイトを初めとして、ほとんどの歌劇場も1幕形式で上演される。

第1幕(第1ビルト)[編集]

舞台はノルウェーフィヨルドに面した港町。ダラントは一時避難で自らの家のあるここに投錨する。すると遠くから、黒いマストに真紅の帆を立てた幽霊船が現れる。幽霊船の船長のオランダ人は「呪いを受け7年に一度上陸できるが、乙女の愛を受けなければ呪いは解かれず、死ぬことも許されずに永遠に海をさまよわなければならぬ」と嘆く。

ダラントはオランダ人から財宝を渡され、娘ゼンタと引き会わすことを約束してしまう。

第2幕(第2ビルト)[編集]

ゼンタはオランダ人と出会い、その不幸に心打たれ、救いたいと思う。ゼンタはオランダ人の肖像を見ては思いを募らすばかりである。しかし、ゼンタはエリックという青年に愛されているのである。

ゼンタは父とオランダ人に説得され、オランダ人につき従うことを約束する。

第3幕(第3ビルト)[編集]

第1幕の港町に再びオランダ人の幽霊船が現れる。オランダ人に会おうとするゼンタ。それを引き止めるエリック。オランダ人はエリックのゼンタへの愛を見て「裏切られた」と言い、帆をはり去っていく。ゼンタは自らの純愛を岩の上から叫び、貞節を証明するために海に身を投じる。ゼンタの純愛を得た幽霊船は呪いを解かれ死を得て沈没する。そしてオランダ人とゼンタは浄化され昇天していくのである。

余談[編集]

  • “Holländer”には「オランダ人」のほかに「幽霊船」という意味があり。フランス語版の題である“Le Vaisseau fantôme”はまさしく「幽霊船」を指すこともあって、この作品を「さまよえる幽霊船」と訳す場合も受容当初では見受けられた。しかし、劇中でオランダ人自身が「人は私をさまよえるオランダ人と呼ぶ-Den fliegende Holländer nennt man mich」と言っているので、ドイツ語版に関する限り、やはり「さまよえるオランダ人」が最も適当な訳である。
  • 作曲当初、オーケストラ編成にはオフィクレイドが使われていた。後に、チューバへと書き換えられている。
  • 英語では“The Flying Dutchman”であるが、これを「空飛ぶオランダ人」と意訳してオランダの名サッカー選手ヨハン・クライフのあだ名にした。過去、KLMオランダ航空マイレージサービスの名称にも使われていた。メジャーリーグで20世紀初頭に活躍した名遊撃手ホーナス・ワグナーのあだ名でもある。クライフの教え子でもあるオランダの名サッカー選手デニス・ベルカンプは、大の飛行機嫌いとして有名で、「飛ばないオランダ人」(Non-Flying Dutchman)と揶揄された。
  • この物語をモチーフにして、設定を現代に移して後日談を描いた映画がある。1951年のイギリス映画『パンドラ』で、エヴァ・ガードナージェームズ・メイスンが出演した。