闘牛 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
闘牛
作者 井上靖
日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説
発表形態 雑誌掲載
初出情報
初出文学界1949年12月号
刊本情報
出版元 文芸春秋新社
出版年月日 1950年3月
受賞
第22回芥川賞
シリーズ情報
前作 「猟銃」
次作 「通夜の客」
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

闘牛」(とうぎゅう)は、日本の作家井上靖が42歳の時に書いた短篇小説。第22回芥川賞受賞作。

概要[編集]

文學界1949年12月号初出。社運を賭けた新聞社主催事業闘牛大会の実現に奔走する新聞編集局長の情熱と、その行動の裏側に潜む人生に賭けきれない知識人の孤独な心模様や戦後の日本社会に漂っている悲哀を、敗戦直後の混乱した世相の中に描き出した作品。戦後を代表するイベントプロモーター・小谷正一西宮球場で仕掛けた闘牛大会をモデルとしている。なお井上と小谷は元々大阪毎日新聞の同期入社で親しい関係にあった[1]

主な舞台は阪神間と呼ばれる兵庫県西宮市近辺で、阪神間モダニズムの影響を色濃く残した戦後に於いて、阪神地域の時代風俗を伺い知ることができる作品である。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]