おろしや国酔夢譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おろしや国酔夢譚』(おろしやこくすいむたん)は、井上靖による長編小説、またそれを原作とした1992年公開の日本映画である。

大黒屋光太夫をはじめとする、漂流した神昌丸の乗組員17人の運命を、日露の漂流史を背景に描き出した歴史小説で、『北槎聞略』などを参考に書かれている。1966年から1968年にかけ『文藝春秋』に掲載され、文藝春秋から刊行(のち文春文庫)。日本文学大賞受賞、映画化の際に徳間文庫でも刊行された。

映画のロシア語題名は『Сны о России』(ロシアの夢)、英語題名は『Sny o Rossii』、または『O-roshiya-koku-sui-mutan』。

刊行書誌[編集]

  • 『おろしや国酔夢譚』 文藝春秋、1968年/文春文庫、1974年、ISBN 978-4-16-710401-6
  • 『おろしや国酔夢譚』 徳間書店〈徳間文庫〉、1991年12月、ISBN 978-4-19-599358-3
  • 『おろしや国酔夢譚 新装版』 文藝春秋、1992年1月、ISBN 978-4-16-312960-0
  • 『井上靖小説全集 第28巻』 新潮社、1972年
  • 『井上靖歴史小説集 第6巻』 岩波書店、1981年11月
  • 『井上靖全集 第16巻』 新潮社、1996年8月

あらすじ[編集]

天明2年(1782年)、伊勢を出発し、光太夫ら17人を乗せた船「神昌丸」は、江戸へ向かう途中に嵐に遭い、舵を失って漂流中に1人を失いながらも、8か月の漂流後に当時はロシア帝国の属領だったアムチトカ島に漂着した。この島で7人の仲間が次々と死んでいくが、残った9人は現地のロシア人の言葉やアムチトカ原住民の言葉を習得しながら帰国の道を模索する。漂着から4年後、現地のロシア人たちと協力し流木や壊れた船の古材を集めて船をつくり、カムチャッカ半島ニジネカムチャック(Nizhne-Kamchatsk)へ向かう。だがここで待っていたのは島とは比較にならない厳しい冬将軍で、さらに3人を失うのであった。

残った6人は、現地政庁の役人たちと共にオホーツクからヤクーツク経由でレナ川沿いにイルクーツクへと向かうが、1人が重い凍傷で片足を失ったため帰国が不可能と悟りロシアに帰化する。また、さらに1人が病死する。この地の政庁に帰国願いを出しても届かないことに業を煮やした光太夫は、当地に住んでいたスウェーデン系フィンランド人博物学者キリル・ラックスマンの助けを借りて、ラックスマンと共に(漂流民としては一人で)、女帝エカチェリーナ2世に帰国願いを出すために、ロシアの西の端の帝都ペテルブルクへ向かった。数か月後、夏の宮殿でいよいよ女帝への謁見が決定した。

結末について[編集]

この小説が書かれた当時は、帰国後の光太夫らが故郷に一時帰郷できたことや比較的自由に江戸で生活していたことは、まだ判明していなかった。そのため光太夫らは帰国後、幽閉同然に扱われたとなっている。後年に帰国後の光太夫の資料を提供されたが、結局作品を改訂することはなかった。

映画[編集]

おろしや国酔夢譚
監督 佐藤純彌
脚本 佐藤純彌
野上龍雄
神波史男
製作 山本洋
群准剛
土川勉
桜井勉
アンドレイ・ゼルツァーロフ
製作総指揮 徳間康快
出演者 緒形拳
川谷拓三
三谷昇
西田敏行
江守徹
音楽 星勝
撮影 長沼六男
編集 鈴木晄
公開 日本の旗 1992年6月25日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 18億円[1]
テンプレートを表示

制作・エピソード[編集]

ロシアの協力のもと大規模ロケを行い、大映(現:KADOKAWA)・電通製作、東宝配給により1992年に公開された。上映時間の制約などから、アムチトカ島からカムチャッカを経由せずいきなりオホーツクに到着することになっている等の経由地の省略や、女帝に謁見した当日には帰国が許されることになっている等のエピソードの省略がある。1991年のソ連崩壊の時期にサンクトペテルブルク撮影所レンフィルムの協力のもと大規模なロケが行われた。

なお当時、サンクトペテルブルクは市長がサプチャーク、対外関係委員会議長がウラジーミル・プーチンであった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]