千利休 本覺坊遺文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千利休 本覺坊遺文
監督 熊井啓
脚本 依田義賢
原作 井上靖『本覺坊遺文』
製作 山口一信
製作総指揮 高丘季昭
出演者 奥田瑛二
三船敏郎
萬屋錦之介
音楽 松村禎三
撮影 栃沢正夫
編集 井上治
製作会社 西友
配給 東宝
公開 日本の旗 1989年10月7日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7.5億円[1]
テンプレートを表示

千利休 本覺坊遺文』(せんのりきゅう ほんがくぼういぶん)は、1989年10月7日に公開された日本映画井上靖の小説『本覺坊遺文』の映画化作品。監督は熊井啓、主演は奥田瑛二。製作は西友、配給は東宝第46回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞している[2]。また本作は、萬屋錦之介が最後に出演した映画作品であり、錦之介と三船敏郎の最後の共演作でもある。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「1989年邦画3社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社1990年、 176頁。
  2. ^ 千利休 本覺坊遺文”. 日本映画専門チャンネル. 2012年12月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]