松井康之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松井康之
Yasuyuki Matui.jpg
時代 戦国時代から江戸時代前期
生誕 天文19年11月1日1550年12月18日
死没 慶長17年1月22日1612年2月23日
改名 甚七郎、新助、胃助、猪助、甚介
官位 佐渡守
幕府 室町幕府江戸幕府
主君 足利義輝義昭織田信長細川藤孝忠興
中津藩家老小倉藩家老
氏族 松井氏清和源氏
父母 父:松井正之、母:荒川澄宣
兄弟 勝之、女子(角田藤秀室)、
女子(細川輝経室)、康之
女子(吉田浄勝室)
沼田光長の娘
興之興長、娘(吉田浄珍室)
娘(長岡重政室)、
養子:光之

松井 康之(まつい やすゆき)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将松井正之の次男。子に興之興長。幼名は新助胃助。官位は佐渡守。

生涯[編集]

天文19年(1550年)、室町幕府幕臣・松井正之の次男として京都郊外の松井城に生まれた[1]。母は荒川治部大輔澄宣の女[2]

はじめ、第13代将軍足利義輝に仕えたが、永禄の変において主君・義輝と兄・勝之三好三人衆らによって暗殺されると、幕臣の細川藤孝(後の幽斎)と行動を共にし、後に織田信長の家臣となった。特に天正9年(1581年)に織田氏の家臣・羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)鳥取城攻めを行なった時には水軍衆を率いて参戦。秀吉方の付城に兵糧を入れる一方、鳥取城に兵糧を運ぼうとしていた毛利水軍を撃退し、毛利氏家臣・鹿足元忠を討ち、その勢いで伯耆泊城を攻めるなど活躍。この功績を信長から賞賛されたという(『細川家記』『松井家譜』)。その後、藤孝は丹後国の領主となり、康之は丹後松倉城(久美浜城)を任せられた。また。この頃に康之は細川氏の家臣になったといわれているが、はじめから藤孝の家臣であったともいわれている。

天正10年(1582年)の本能寺の変後、藤孝が出家すると子の忠興に仕えた。主君・忠興が秀吉に従うと、豊臣氏による富山の役小田原征伐文禄・慶長の役に参戦している。特に富山の役では水軍衆を率いて活躍した。これらの働きぶりをみた秀吉は、康之を石見半国18万石の大名にとりたてると申し出たが、康之はこれを辞退したといわれている[要出典][注釈 1]

また、主君・忠興が秀吉から関白豊臣秀次謀反連座の疑いを受けると、康之は秀次からの借銀の返済や秀次縁者に嫁していた忠興の娘・御長(おちょう)差出要求に対して奔走し、事なきを得た。これに感謝して忠興は、娘・こほ(11歳)を康之の次男・新太郎(後の興長)の妻とした。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは忠興と共に徳川方に与した。康之は忠興の飛び領であった豊後杵築城に城代・有吉立行と共におり、丹後へ戻るよう忠興より命を受けるも既に戻れる状況下になかったため、杵築に留まった。そして攻めてきた大友吉統の攻撃を防ぎきり、救援に来た黒田如水と合流、石垣原の戦いで勝利した。この功績により戦後、忠興より2万6,000石の知行と、速見郡の御領所1万7,000石を預けられた。

慶長17年(1612年)に死去。享年63。嫡男の長男・興之は朝鮮出兵において戦死していたため、家督は次男の興長が継いだ。

優れた茶人でもあったといわれている。子孫は代々徳川家直参の身分を持ち、熊本藩の2万8,000石の筆頭家老(別格家老家)であり、さらに代々肥後八代城主に封じられた(一国一城制の例外)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 秀吉の誘いを断ったとされるが、天正年間末頃から秀吉の死までは秀吉の直臣の立場であったらしく、豊臣家から山城国に知行を受けている(『細川家記』『松井家譜』)。[要出典]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大分合同新聞社『大分県歴史人物辞典』460項
  2. ^ 吉川弘文館『国史大辞典13』 92項

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]