前野景定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
前野景定
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 文禄4年8月19日1595年9月22日
別名 坪内(前野)長重(別名)
官位 出雲
主君 豊臣秀吉秀次
氏族 坪内氏→前野氏
父母 父:前野長康こと坪内光景
正室:細川忠興の長女・御長

前野 景定(まえの かげさだ)は、安土桃山時代武将豊臣氏の家臣。本名は坪内景定

生涯[編集]

羽柴秀吉(豊臣秀吉)の重臣・前野長康の子として生まれる。父と共に豊臣秀次付の家老となって秀次を支えた。しかし文禄4年(1595年)、秀次事件で秀次を弁護したことにより、豊臣秀吉から秀次与党として謀反連座の疑いで父と共に捕らえられ、中村一氏に預けられた。そして、父と共にそこで秀吉の命令により切腹した。

なお景定の妻・御長(おちょう)にも捕縛命令が出された。彼女は細川忠興の長女であったため、慌てた細川家では、重臣の松井康之などが奔走し、景定から離縁出家させて、ようやく捕縛を免れたという。

演じた人物[編集]