大友義統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大友義統 / 大友吉統
Otomo Yoshimune.jpg
「太平記拾遺四十八:大友侍従義統(落合芳幾作)」
時代 戦国時代安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄元年(1558年
死没 慶長15年7月19日1610年9月2日
改名 長寿丸(幼名)、義統→吉統→宗厳(→義統)
別名 吉統、羽柴吉統、通称:五郎、豊後侍従
法号:宗厳
戒名 中庵宗巌
霊名 コンスタンチノ
官位 従四位下・侍従、参議
従五位下左兵衛督
主君 大友宗麟豊臣秀吉秀頼
氏族 大友氏
父母 父:大友義鎮(宗麟)、母:奈多夫人奈多鑑基の娘)
兄弟 義統親家親盛、女(一条兼定室のち清田鎮忠室)、女(久我三休室)、女(臼杵統尚室)。女(小早川秀包室)、女(母里友信室)
正室:尊寿院吉弘鑑理娘、洗礼名:ジュスタ)
側室:伊藤氏[1]
側室:立花宗茂の娘[異説あり][2][3]
義乗貞勝、女(一尾通春室)、佐古局松野正照、女(伊藤氏室)
または異説によると
義乗、政鎮(正照)、貞勝[4]義親[2][5]

大友 義統(おおとも よしむね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての豊後戦国大名大友氏の第22代当主。大友宗麟の嫡男。

生涯[編集]

島津氏との戦い[編集]

永禄元年(1558年)、第21代当主・大友義鎮(のちの宗麟)の長男として生まれる。将軍・足利義昭偏諱を受け義統と名乗った。

天正4年(1576年)、父の隠居により、家督を継いで第22代当主となる。天正7年(1579年11月27日織田信長の推挙によって従五位下左兵衛督に叙位・任官される[6]。同時に毛利氏滅亡の暁には長門周防を分与することを条件に毛利輝元を挟撃する約束を交わしたとされる。ただし、大友家の実権は依然として父の宗麟が掌握していた。

天正6年(1578年)、日向国に侵攻するも、耳川の戦いで大敗を喫し、以後は大友家臣団の分裂が始まる。また、父との二頭政治にも弊害が現れて父と対立し、かえって大友家の内紛を加熱させることとなった。

天正8年(1580年)には有力庶家である田原親貫田北紹鉄が反乱を起こし、秋月種実と内通したので、その鎮圧のために一時府内を本拠に戻さざるを得なかった。

重臣・立花道雪が病没、さらに肥後方面を押さえていた志賀氏とも疎遠となる。かつては大友氏の版図であった肥後筑後筑前は次第に肥前国龍造寺氏薩摩国島津氏に侵食されていった。

天正14年(1586年)、島津義久による豊後侵攻(豊薩合戦)が始まると、宗麟や義統への忠誠心を失っていた家臣達は相次いで離反し、また高橋紹運岩屋城で戦死するなど(岩屋城の戦い)、大友氏は滅亡の危機に立たされる。宗麟の嘆願により豊臣秀吉より援軍として派遣された長宗我部元親仙石秀久らと共に島津軍と戦うが、戸次川の戦いで大敗し、家臣の利光宗魚戸次統常を失う。義統は宗麟や家臣の柴田礼能臼杵鎮尚志賀親次佐伯惟定木付鎮直狹間鎮秀帆足鑑直朽網鑑康森鎮生田北統員清田正成、吉岡妙林尼らが居城において奮戦するのをよそに、府内を退去し、島津軍が豊後を席捲するのを許してしまう。

しかし、天正15年(1587年)、豊臣秀吉自身による九州征伐で島津義久が降伏すると、豊後一国と豊前宇佐郡半郡併せて37万石を安堵された。同年4月に、義統は隣国の豊臣大名・黒田孝高の強い勧めで、夫人や子供らと共にキリスト教の洗礼を受けコンスタンチノという洗礼名を受けていたが、6月に発令された秀吉の棄教令により、棄教した[7]

豊臣秀吉の臣下に[編集]

天正16年(1588年)2月に秀吉に謁見するため、上洛。秀吉から非常に気に入られたとされ、羽柴(後に豊臣)の姓を下賜され、さらに、秀吉から偏諱(「吉」の1字)を与えられて義統から吉統へと改名した[8]。また従四位下、侍従に叙され、後の文禄の役の年の正月には参議ともなった。

天正18年(1590年)の小田原征伐では豊臣軍の一員として参戦している。

天正20年(1592年)、文禄の役黒田長政勢5,000と共に第三軍として兵6,000を率いて参戦。長政に同行して金海城の戦いなどで活躍した。同年2月には嫡子・大友義乗に家督を譲り、自身は酒好きであったが、下戸に徹するようになど、公私にわたった21ヶ条の家訓を伝えている。

文禄2年(1593年)、平壌城の戦いの大軍に包囲されていた小西行長から救援要請を受けたが、行長が戦死したという誤報を信じて撤退し、鳳山城も放棄した。ところが行長は自力で脱出したことから、吉統は結果的に窮地の味方を見捨てた格好になった。これが秀吉の逆鱗に触れ、軍目付の熊谷直盛福原直高が派遣されて詰問されて名護屋城に召還を命じられる。吉統は剃髪して宗厳を号し、大友家は由緒ある家であるとして死一等を減じられ、5月1日に改易となった。大友領であった豊後および豊前の宇佐半郡は豊臣家の直割地となり、のちに豊臣家の奉行等の領地となった。

改易の後[編集]

吉統は、江戸徳川氏)、水戸佐竹氏)、山口毛利氏)などに次々に身柄を預けられ幽閉状態が続いた。旧大友家有力家臣らは大友家再興を願いつつ、他の大名の客将となるなどして、世をしのいだ。

慶長3年(1598年)、秀吉の死により、翌年にはそれまでの罪を許され、幽閉状態から脱した。大坂城下に屋敷を構え、豊臣秀頼が当主となった豊臣家に再び仕える。

関ヶ原の戦い[編集]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、徳川家康から嫡子義乗が徳川家預かりの身で嫡男徳川秀忠の近侍を許されていたことから絶対に東軍に味方すべきだと言う忠臣吉弘統幸の諫止を退けた。それは大坂城下に側室と庶子の松野正照が西軍によって軟禁されていたためだとされている。西軍の総大将毛利輝元の支援を受けて西軍に味方をすることに決め、広島城から西軍の将として出陣して、元の領国であった豊後国に侵攻した。

戦勝のあかつきには「豊後一国の恩賞」が約束されていたという。田原氏・吉弘氏・宗像氏などの小大名級の旧大友家臣が諸国よりぞくぞくと合流し、大友軍は短期的に再興した。

豊後に上陸して国東半島の諸城を下す。9月の石垣原の戦いでも、緒戦は優勢であったが、終盤では豊前の黒田如水と細川忠興(実際は豊後杵築城の細川家の重臣松井康之)らの連合軍に敗れてしまい、剃髪し妹婿であった黒田家の重臣・母里友信の陣に出頭して降伏。今度は徳川家から幽閉される身となった。

晩年[編集]

関ヶ原の後、東軍配下の細川家領の豊後杵築城を攻めたという咎で、吉統は出羽の秋田実季預かりとなり、実季転封にともない常陸国宍戸に流罪に処された。流刑地では再びキリシタンとなったという話も伝わるが、同時代史料が無く未詳である。この流刑地で大友氏に伝わる文書を「大友家文書録」にまとめたが、このおかげで大友氏は零落した守護大名家としては珍しくその詳細を知ることができ、大変貴重な史料となっている。

吉統は慶長15年(1610年)に死去する。享年53。戒名は中庵宗厳。大友家は義乗が旗本として徳川家に召抱えられ、鎌倉以来の名家として高家として続いた。

人物・逸話[編集]

  • 『九州諸家盛衰記』では「不明懦弱(ふめいだじゃく)」と書かれている。これは「識見状況判断に欠け弱々しく臆病」という意味である。
  • 天正遣欧少年使節が帰国した際、宣教師たちに棄教のことを謝罪したが、この中で「もとより自分は意志薄弱で優柔不断な性分なので」と言及している。(フロイス日本史
  • 相当、酒癖の悪い人物であったらしく、多くの宣教師の資料に「過度の飲酒癖やそれによる乱行が多い」と記されている。自身も自覚していたのか前述の通り、子・義乗に残した家訓に「下戸である事」と戒めを記している。
  • 父・宗麟がキリスト教に傾倒し神社仏閣を破壊したという話が知られているが、大友氏の本拠である豊後国内や筑後国内での破壊は、当時次期当主であった義統が積極的に行っており、義統が主導した可能性もある。
  • 島津氏の一軍が豊後府内に侵攻してきたとき、義統は府内の大友館を捨てて逃亡している。さらにこのとき、寵愛する愛妾を置いていたことを思い出して、家臣の1人に救出を命じた。家臣の1人は命令に従って救出してきたが、それに対して義統が恩賞を与えようとすると、「私は女を1人助けたに過ぎません。このたびの戦いで多くの同朋が死んだにもかかわらず、それには報いず、私にだけ恩賞を与えるとは何事ですか。そのような性根を持つ主君は、我が主君にあらず」と述べて、逐電したという。この家臣の名は「臼杵刑部」といい、のちに毛利輝元に仕えたという。
  • 文禄の役の失態に関しては、同じように小西行長からの救援要請が小早川秀包や黒田長政にも出されており、両者ともこれを拒否している。にも関わらず、黒田・小早川は何の処罰も受けず、義統(当時は吉統)のみが改易処分と厳しい処置を取られたのは、秀吉家臣の讒言を受けた為とも、梅北一揆に大友氏の一族が加担していたとの風説があった事などにより秀吉が不信感を前々から抱いていたという説がある。
  • 父・宗麟との対立は、隠居後、自由奔放にキリスト教へ極端に傾倒していった宗麟に対し、反感を抱いていた反キリスト教の家臣団と、離別後も強い影響力を持った実母・奈多夫人の影響が強かった為とされる。特に奈多夫人は義統に対して影響力が強かったようで、宗麟と後妻との間に子が出来た事を知ると、その子供が男・女に関わらず殺すようになどと進言し、関係はさらに悪化したとされる。
  • 耳川の戦いは父・宗麟主導によるものとされているのが通説であったが、宗麟は隠居後の天正5年(1577年)や天正6年(1578年)は領国関係に関する文書・史料が発見されていないため、義統主導によるものとされている。

家系[編集]

家臣[編集]

関連作品[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大和国宇田の城主の娘であったと伝わる。参考文献『戦国大名閨閥事典 3巻』新人物往来社、ISBN:4404024231
  2. ^ a b c d 塙保己一編、「大友系図」 『群書系図部集4, 第3巻』 八木書店、1973年、368頁。ISBN 4797102764 
  3. ^ 国書刊行会編 国立国会図書館デジタルコレクション 『系図綜覧. 第二』 国書刊行会刊行書、1915年、139頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879314/77 国立国会図書館デジタルコレクション 
  4. ^ 『群書系図部集』では貞勝と義親の母を立花統虎の娘とする[2]
  5. ^ 中野等『立花宗茂』(吉川弘文館、2001年)278頁の系図によると、義親は高橋紹運女と義乗の子。中野等、穴井綾香『柳川の歴史4・近世大名立花家』424頁の系図によると、義親と貞勝は紹運女の子。
  6. ^ 任左兵衛督 口宣案 大友家文書[要出典]
    上卿 勸修寺中納言
    天正七年十一月廿七日宣旨
    從五位下源義統
    宜任左兵衞督
    藏人頭右中辨藤原兼勝
    (訓読文) 上卿 勧修寺中納言(勧修寺晴豊 36歳 正三位 権中納言) 天正7年(1579年)11月27日宣旨 従五位下源義統(大友義統 22歳) 宜しく左兵衛督に任ずべし 蔵人頭右中弁藤原兼勝(広橋兼勝 22歳 正四位上)奉(うけたまは)る
  7. ^ つまりキリスト教に帰依したのは、僅か2ヶ月である
  8. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』P9・P29・P38。偶然によるものだが読み方に変更はない。
  9. ^ 義統から偏諱を賜った家臣の子孫が「統」の字を用いるようになった例もみられるのでそれに該当するであろう人物には※印で示してある。これらの人物は年代的に義統死後の人物で義統から直接偏諱を賜っていない者と考えて良い。また、「統」時代と「統」時代での区別は特にしていない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]