大友氏泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大友氏泰
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 元亨元年(1321年
死没 正平17年/貞治元年11月3日1362年11月19日
改名 千代松丸(幼名)→氏泰
幕府 室町幕府豊後肥前豊前日向守護
主君 足利尊氏
氏族 大友氏
父母 父:大友貞宗、母:少弐盛経娘・総持正傑
兄弟 貞順貞載立花宗匡
即宗氏泰氏宗氏時

大友 氏泰(おおとも うじやす)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将守護大名大友氏の7代当主。

幼名は千代松丸。元弘3年/正慶2年(1333年)、父が鎮西探題北条英時(赤橋英時)を攻める前、決死の覚悟で幕府に反逆しようとする父から家督を譲られた。五男である氏泰に家督を譲ったのは、当時成人していた四男までの息子より、幼少の氏泰に譲っておけば、仮に自身が敗死してもその後、幕府から咎められて取り潰される可能性は低いであろうと考えたためだと言われている。同年12月、父が京都で急死したため、正式に当主となったが、幼少だったために兄・貞載の補佐を受けた。

足利尊氏後醍醐天皇に叛いて九州に落ち延びてきたときは、尊氏の再挙に貢献した。この頃がちょうど元服の時期で尊氏から「氏」の字を与えられて氏泰と名乗ったものとみられる。また、尊氏が九州に滞在していた建武3年(1336年)2月に大友氏を味方に引き入れるために千代松丸(氏泰)とその兄弟を自分の猶子に迎えるという御判御教書[1]を与えており、それ以降大友氏一族は「源氏」を称することができるようになった[2]。尊氏再挙に尽くした功績により室町幕府開設後、豊後の他に肥前豊前日向の守護に任じられた。 正平17年/貞治元年(1362年)に死去し、家督は弟の大友氏時が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 「建武3年2月15日付足利尊氏御判御教書案」(「大友文書」4-1-17号)『大分県史料』26巻P161)
  2. ^ 渡辺澄夫「野津本『大友系図』の紹介―大友氏出自に関する決定的史料―」(初出:『大分県地方史』134号(1989年)/所収:八木直樹 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第二巻 豊後大友氏』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-122-6