耳川の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
耳川の戦い
耳川
耳川
戦争戦国時代
年月日1578年
場所:高城川原
結果:島津氏の圧勝
交戦勢力
島津氏Japanese Crest maru ni jyuji.svg 大友氏Japanese Crest daki Gyouyou.svg
指導者・指揮官
島津義久Japanese Crest maru ni jyuji.svg
島津家久Japanese Crest maru ni jyuji.svg
田原親賢Japanese Crest kage Daki Gyouyou.svg
戦力
20,000 - 30,000 30,000 - 40,000
損害
- 壊滅

耳川の戦い(みみかわのたたかい)は、天正6年(1578年)、九州制覇を狙う豊後国大友宗麟薩摩国島津義久が、日向高城川原(宮崎県木城町)を主戦場として激突した合戦。「高城川の戦い」、「高城川原の戦い」ともいう。

天正年間以前の大友・島津の関係[編集]

(南九州)の支配者である島津氏(北九州)の支配者である大友氏の関係は長い間良好であった。島津氏と日向の伊東氏との対立においても永正年間以来、大友氏が度々島津氏に有利な条件での仲介に乗り出しており、お互いの勢力圏には干渉しあわない事実上の同盟関係にあった。国内情勢が不安定な状態が続いた島津氏にとっては自国の安全を保つ上で大友氏との関係は重要であり、明などとの対外交易に関心を有していた大友氏にとっても海上での船舶の安全を図る上で島津氏との関係が重要であったからである。実際、島津領内に漂着した大友氏の船の扱いを巡って天正元年(1573年)8月25日付で大友氏の加判衆(田原親賢臼杵鑑速志賀親度佐伯惟教)から島津氏の老中(川上忠克島津季久村田経定伊集院久信平田昌宗伊集院忠金)に充てた連署状には両家の関係を「貴家(島津氏)当方(大友氏)代々披得御意候」と表現し、反対に9月に島津側の川上・村田・伊集院忠金から大友氏側に充てられた返書にも両家が「御堅盟」の関係である事が記されており、両家の関係が同盟関係であったことを示している。また、永禄3年(1560年)に室町幕府将軍足利義輝が島津氏と伊東氏の対立の仲裁にあたった時も、島津貴久は義輝の使者である伊勢貞孝政所執事)に対して大友氏を加えた和平であれば受け入れると回答したと、島津氏の家臣の樺山善久が書き残している。この同盟関係の結果、島津氏は薩摩・大隅・日向の統一事業に専念することができ、大友氏も北九州での戦いの最中に島津氏や伊東氏に背後を突かれる不安を解消できたと考えられる[1]

合戦の背景と概要[編集]

ところが、天正5年(1577年)、日向の伊東義祐が島津氏に敗北。日向を追われ、大友氏に身を寄せた。その頃、大友氏は北九州を巡って毛利氏と攻防を続けていたが、その毛利氏には織田信長によって京都から追放されていた室町幕府将軍・足利義昭が亡命していた(鞆幕府)。

こうした状況の中、天正6年(1578年)に入ると、大友宗麟・義統は島津氏の北上に対抗して伊東氏を日向に復帰させるために3万とも4万ともいわれる大軍を率いて日向への遠征を決定する。一方、毛利氏が上洛に踏み切らないのは大友氏が背後を脅かしているからだと考えた足利義昭は、この年の9月に島津氏に大友領に侵攻して大友氏の毛利領侵攻を止めさせるように命じる御内書を出した。これを受けた島津義久も御内書を大義名分として更なる北上を決定する[2]

しかし、大友家内部では宗麟の狂信的なキリスト教への傾倒などから家臣団との間に不協和が生じていた。立花道雪らは開戦に時期尚早と強く反対していた。また、合戦直前の大友軍の軍議で田北鎮周は交戦を主張していたが、大将の田原親賢は裏で島津軍との和睦交渉を進めていたためこれに応じなかった。田北鎮周がこれを不服として島津軍に攻撃を仕掛けたため大友軍はこれを放置するわけにもいかず、やむなく島津軍と戦うことになった。また、大友軍の軍師角隈石宗は「血塊の雲が頭上を覆っている時は戦うべきでない」と主張するも結局交戦に至り、やむなく秘伝の奥義書を焼いて敵中に突入し戦死している。

当初は大友軍が島津軍を兵力の差で押していたが、徐々に大友軍の兵士に疲労の色が見え始め、また大友軍は追撃により陣形が長く伸びきっており、そこを島津軍が突いたことによって戦況は一転し、大友軍は敗走する。大友軍は3000人近い人数が戦死したが、これの大半は敗走後に急流の耳川を渡りきれず溺死した者や、そこを突かれて島津軍の兵士に殺されたものだという。

合戦の経過[編集]

  • 天正5年(1577年)12月10日
  • 天正6年(1578年) 1月
  • 3月15日
  • 4月7日
    • 大友軍、日向に入り、「社ケ原(やしろがはら)」(現延岡市夏田町~稲葉崎町~無鹿町一帯)に布陣する。この前後、キリスト教による理想国建設をめざしていた大友軍が縣領内の神社仏閣をことごとく焼き払った(フロイス『日本史』)ため、寺社建築・仏像・古文書など宮崎県北の文化財がことごとく破壊・破脚される。その結果、宮崎県北部地域の近世以前の一次史料は、ほとんど壊滅的に失われている。
  • 4月10日
    • 大友軍、土持親成の縣松尾城を攻略し、土持氏滅亡。以後、11月まで佐伯宗天(惟教)が「牟志賀」(現延岡市無鹿町)に在陣する。
  • 9月6日
    • 9月4日に臼杵を出発した大友宗麟一行、海路で縣に入る(フロイス『日本史』)。同行のイエズス会宣教師・修道士はフランシスコ・カブラルルイス・アルメイダ、アンドレ・ドゥオーリア、ジョアン・デ・トルレス(日本人)。「牟志賀」(現延岡市無鹿町)に仮の司祭館と教会を建て、以後毎日、オルガン音楽を伴ったミサを行なう。宗麟と妻のジュリア、その他家臣たちも礼拝に訪れる(フロイス『日本史』)。
  • 9月11日 毛利領である備後・鞆に滞在中の将軍・足利義昭が島津氏に対して、自身の上洛への協力および毛利氏と敵対する大友領への侵攻を求める御内書を発給する。
  • 11月9日 - 12日 高城川原の戦い(通称としてはいわゆる「耳川の戦い」として周知されている合戦)
  • 11月11日 ゲリラ戦などで松山之陳を焼き討ちにする。
  • 11月12日 島津軍の本隊(島津義久隊)、根白坂上(陣之内)に到着。
    • 両軍が木城町下鶴付近で合戦に及び、緒戦で島津方の北郷久盛討死。
    • 戦況が拮抗しているところを老瀬坂上の陳から島津以久が東から突入。高城の篭城兵も西から突入したため戦況が決定的になる。大友軍大敗し、陸路、豊後へ向けて敗走。島津軍が追撃戦を展開。追い詰められた大友方は、数日来の大雨のため増水した耳川で多数の将兵が水死。ここから「耳川の戦い」と通称される。
    • 11月12日夜、大友宗麟、牟志賀の本陣を引き払い豊後へ陸路で敗走(『川上久辰耳川日記』、フロイス『日本史』)。
  • 11月14日 縣土持氏が島津氏に被官(『川上久辰耳川日記』)し、縣は島津領となる。
  • 戦後、島津方が供養塚を築造し、天正13年(1585年)2月彼岸の七回忌の施餓鬼の際に、島津方武将山田有信が六地藏塔を建立(宗麟原供養塔)。
    • 島津方の記録ではこの供養塚は「豊後塚」とのみ記されているが、1933年に国の史跡に指定された際に「宗麟原供養塔」の名が使用された。

参戦武将[編集]

×は戦死

影響[編集]

大友氏はこの戦いにより、直臣の佐伯宗天・田北鎮周や、筑後国人蒲池鑑盛をはじめとする多くの重臣や幕下の有力武将ならびに兵力を失った。戦死者が多数出たため戦争未亡人となった者も多く、「日向後家」という言葉が生まれるほどであった。さらに足利義昭の御内書は大友支配地内の有力国人たちにも送られ、その結果秋月種実筑前国)の反抗や龍造寺隆信肥前国)の謀反などをはじめとする有力国人たちの離反を招き、その勢力・領国を大きく削がれることとなった(勿論、島津氏をはじめ反大友氏の諸氏が義昭に本当に協力する意思があったかは別の問題となる)。また、足利義昭の上洛を妨害する障害「六ヶ国之凶徒」(天正6年12月10日付毛利輝元宛島津義久書状)として糾弾の対象になった大友氏は、義昭を奉じる毛利氏及び御内書を受けた島津氏・龍造寺氏・長宗我部氏ら近隣の有力大名全てと対立することになり、京都の織田政権及びその後継政権となった豊臣政権との関係を深めて窮地を脱する外交政策を展開する事になる[2]。なお戦後、立花道雪は軍監を務めていた志賀親守の罪を糾弾している。

島津氏は一連の戦いによって九州内に拮抗する敵はなくなり、九州南部(薩摩大隅日向)の支配を確固たるものとした。島津氏はこの大勝利後、大友氏の後ろ盾を失った球磨相良氏を降伏させ、肥後阿蘇氏、また肥前の龍造寺氏を「沖田畷の戦い」で下したため、九州内の国人達は次々と島津方になびき始める。さらに大友氏の本拠地豊後へ侵攻を開始し一時は現在の大分市まで迫る。しかし宗麟の要請をうけた豊臣秀吉の介入によって退却を余儀なくされ、遂に秀吉に恭順することになる。

脚注[編集]

  1. ^ 長田弘通「天正年間以前の大友氏と島津氏」(初出:『大分県地方史』143号(1991年)/所収:八木直樹 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第二巻 豊後大友氏』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-122-6
  2. ^ a b 伊集守道「天正期島津氏の領国拡大と足利義昭の関係」(初出:『九州史学』157号(2010年)/所収:新名一仁 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第一巻 薩摩島津氏』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-103-5

関連作品[編集]

ボードゲーム