島津忠長 (宮之城家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津忠長
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文20年7月17日1551年8月18日
死没 慶長15年11月9日1610年12月23日
改名 鎌菊丸(幼名)、又五郎、右馬頭(通称
別名 紹益(法号
戒名 既成宗功庵主
墓所 宮之城宗功寺
官位 図書頭
主君 島津義久義弘家久
薩摩藩
氏族 島津氏
父母 父:島津尚久、母:頴娃兼洪の娘
島津忠将の娘
忠倍久元敷根立頼
女(島津豊久室、町田久幸室)

島津 忠長(しまづ ただなが/ただたけ[1])は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将薩摩国島津氏の庶流で、島津義久家老、さらに老中

生涯[編集]

島津貴久の末弟・尚久の嫡男として誕生した。天正4年(1576年)の日向国高原城攻めや天正6年(1578年)の耳川の戦いなどに従軍し功を上げ、天正9年(1581年)の肥後国水俣城攻めでは脇大将を仰せ付かった。

また、天正12年(1584年島津家久と共に肥前有馬氏の援兵として島原へ渡海し、沖田畷の戦いで軍功を挙げた。

天正12年(1584年)10月1日から7日までの一週間にかけて、島津義弘から金瘡医術の伝授を受け、秘伝の医書を与えられている。金瘡医術とは戦傷全般とこれに付随する病気、およびこれから派生する婦人病を扱った医術のことである[2]

天正14年(1586年)に高橋紹運が守る岩屋城攻めの総大将を務めた時には、わずか800にも満たない城兵の決死の反撃により4000人もの死傷者を出した上、豊臣秀吉軍の九州上陸までの時間をも稼がれてしまった。

秀吉に降伏後の天正15年(1587年)、義久の上洛の供をしそのまま豊臣氏の人質として伏見に住んだ。文禄元年(1592年)に島津歳久が自害に追い込まれた際は、首が京都の一条戻橋にさらされたのを取り返しに行くという気骨のあるところを見せている。その後の文禄・慶長の役にも従軍し泗川の戦いで奮戦、忠長は100の兵で10,000のの大軍を撃ち破り、義弘の窮地を救うという神業をやってのけた。これらの功績により宮之城領主に任命された。なお祁答院も領地として与えられている。

帰国後は慶長4年(1599年)の庄内の乱に参陣、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際は加藤清正の軍勢が水俣まで船を寄せたため、嫡男の忠倍と共に国境の警備役を仰せ付かっている。戦後は島津氏の代表として新納旅庵市来家政と共に徳川家康と交渉に当たった。慶長15年(1610年)11月9日、宮之城にて死去。享年60。家督は、嫡男の忠倍が忠長に先立ったため、新納氏の婿養子となっていた次男の久元が継いだ。この忠長の系統が、後に宮之城島津家となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地元の郷土誌などでは「ただたけ」とルビが振られている。
  2. ^ 宮本義己『戦国武将の健康法』新人物往来社、1982年、63-64頁。