佐多氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐多氏(さたし)は、日本の氏族の一つ。

建部姓の佐多氏[編集]

佐多氏
No image available.svg
本姓 建部氏[1]
称・桓武平氏資盛[1]
家祖 佐多高清佐多近遠
種別 武家
出身地 大隅国大隅郡佐多村[1]
凡例 / Category:日本の氏族

建部姓の佐多氏は、大隅国発祥の氏族。

大隅国の豪族であり、圃田帳に「佐太十町、丁別二十疋、大将殿の御下文を賜い建部高清これを知行す」「桑吏郡武安六丁、字新大夫(佐多、建部高清)」と載せている[1]。また建久9年御家人交名に「佐多新大夫高清、弥三大夫近遠」の名前が見える[1]

この建部姓の佐多氏は、のちに平姓を称し、「平資盛の子・国盛の男時盛に至り、建部氏を称し、また佐多ともいう」とされる[1]

子孫に佐多太郎久秀がいた[1]。久秀は承久の乱で上洛して宇治川で戦死する[1]

『地理纂考』の佐多郷馬籠村高木城に「当郷は鎌倉将軍頼朝の時、佐多新大夫高清・領主たりという。その後、野上田伊予坊時盛(一説佐多太郎友盛とあり)佐多を領す。時盛は四位少将平資盛の孫子兵庫頭国盛の男にして、時に建部氏を称す。その後佐多太郎久秀・承久の兵乱に上洛して、宇治川にて戦死す。ここにおいて佐多家絶ゆ。のち木場某知行すと旧記に見えたり」と載せている[1]

田代氏系図には「伊豆守時盛が嫡子存盛・佐多を領し、佐多太郎という。存盛が孫久秀宇治川に戦死す」とある[1]

島津氏流の佐多氏[編集]

佐多氏
家紋
本姓 惟宗氏島津氏[1]
家祖 佐多忠光[1]
種別 武家
士族
出身地 大隅国佐多
主な根拠地 薩摩国知覧
著名な人物 佐多忠光[1]
佐多久政
佐多久慶
佐多忠充
佐多忠治
佐多久孝
島津久逵
佐多愛彦
凡例 / Category:日本の氏族

島津氏流の佐多氏は、大隅国発祥の氏族。

概要[編集]

鎌倉時代文保2年(1318年3月15日、島津宗家4代当主忠宗の三男・忠光大隅国佐多(現・鹿児島県南大隅町)を与えられたことにより、「佐多氏」を称したのが始まりである[1][注釈 1]。忠光はさらに、文和2年(1358年)に足利尊氏により薩摩国知覧(現・鹿児島県南九州市知覧町)を与えられている[1]

忠光は伊敷(現・鹿児島県鹿児島市伊敷)の地に居住していたが、孫の氏義の代に佐多へ居城を移す。そして、その子である親久の頃に知覧城へと移った[1]。ただし、その子の忠遊は自ら一代を限りに佐多へ居住している。

江戸時代より薩摩藩一所持の家格となる。16代島津久逵は2代藩主島津光久の子で、4代藩主島津吉貴より島津庶流知覧家として長男家のみであるが島津姓を代々名乗ることを許された。次男家は変わらず佐多姓(佐多本家家臣格)を名乗り、庶流には達山氏(加世田・穆佐衆)や伊佐敷氏などがある。は嫡男が「久」の字、次男以降が「直」の字とされた。また、直別支流であることから、正徳年間以降は士分以下や他家の奉公人が佐多氏を称することは許されなかった。

歴代当主[編集]

  1. 佐多忠光島津忠宗の3男)
  2. 佐多忠直
  3. 佐多氏義
  4. 佐多親久
  5. 佐多忠遊
  6. 佐多忠山
  7. 佐多忠和
  8. 佐多忠成
  9. 佐多忠将
  10. 佐多久政
  11. 佐多久慶
  12. 佐多忠充
  13. 佐多忠治
  14. 佐多久孝
  15. 佐多久利
  16. 島津久逵(2代藩主島津光久の子)
  17. 島津久豪
  18. 島津久峰
  19. 島津久邦
  20. 島津久典
  21. 島津久福
  22. 島津久徴
  23. 島津剛二郎
  24. 島津忠弘

系譜[編集]

建部姓佐多氏

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平資盛たいらのすけもり佐多高清 さ た たかきよ
(建部高清)
佐多近遠 さ た ちかとお
(建部近遠)
 
 
 
 
 
国盛くにもり(略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時盛ときもり[3]  
 
 
 
存盛まさもり
 
 
 
 
 
 
久秀ひさひで
 
 
 

島津氏流佐多氏

島津忠宗しまづただむね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津氏
貞久さだひさ
和泉氏
和泉忠氏 いずみ ただうじ
佐多忠光 さ た ただみつ1新納氏
新納時久 にいろ ときひさ
樺山氏
樺山資久かばやますけひさ
北郷氏
北郷資忠ほんごうすけただ
石坂氏
石坂久泰いしざかひさやす
 
 
 
 
 
忠直ただなお2
 
 
 
氏義うじよし3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親久ちかひさ4伊佐敷氏
伊佐敷忠豊いさじきただとよ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠遊ただゆき5師義もろよし氏豊うじとよ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠山ただたか6久林ひさとき忠顕ただあき久尚ひさなお
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(出自不詳)忠和ただかず7倫久のりひさ忠周ただちか右馬助うまのすけ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久友ひさとも忠成ただしげ8延久のぶひさ猛久たけひさ遊久ゆきひさ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久昌ひさまさ忠将ただまさ9忠真ただまさ久福ひさとみ経久つねひさ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久政ひさまさ10久治ひさはる久宗ひさむね忠増ただます久朝ひさとも
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久慶ひさよし11久作ひさなり久信ひさのぶ久英ひさひで久良ひさよし忠利ただとし
 
 
 
 
 
忠充ただみつ12忠恒ただつね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠治ただはる13久堅ひさかた
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久孝ひさたか14忠貫ただつら
 
 
 
 
 
 
 
島津光久しまづみつひさ久利ひさとし15[4]久教ひさのり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱久つなひさ知覧島津家
島津久逵しまづひさみち
16[5]
直房なおふさ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱貴つなたか久基ひさもと久豪ひさたけ17直矩なおのり
 
 
 
 
 
 
 
吉貴よしたか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
継豊つぐとよ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗信むねのぶ久峰ひさたか18[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久徴ひさなる久邦ひさくに19佐多直八 さた なおはち佐多直陳 さた なおのぶ
 
 
 
 
 
久典ひさのり20直陳
 
 
 
 
 
久福ひさとみ21直廉なおかど
 
 
 
 
 
久徴ひさなる22直隆なおたか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剛二郎ごうじろう23直正なおまさたけし武彦たけひこ愛彦あいひこ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠弘ただひろ24忠嘉ただよし忠隆ただたか忠直ただなお忠光ただみつ直大なおひろ直丸なおまる直久なおひさ直康なおやす長春ながはる輝雄てるお保之やすゆき
参考とした文献佐多氏傍流系譜佐多直正から後代の系譜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ それ以前は建部姓佐多氏が佐多を治めていた[2]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 太田 1934, p. 2601.
  2. ^ 稲葉 1991, p. [要ページ番号].
  3. ^ この代から平氏の子孫を称す。
  4. ^ 肝付兼屋きもつきかねいえの三男。
  5. ^ 島津光久の五男。
  6. ^ 島津継豊の三男。

参考文献[編集]