島津久福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津久福
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 享和3年12月11日1804年1月23日
死没 明治2年3月21日1869年5月2日
別名 通称:太郎次郎、木工、右門、伯耆
戒名 俊量院殿蘭操徳英大居士
墓所 鹿児島県南九州市知覧町郡の島津墓地
主君 島津斉興斉彬茂久
薩摩藩家老
氏族 知覧島津家
父母 父:島津久典
正室:村橋久隆
久徴

島津 久福(しまづ ひさとみ)は、幕末薩摩藩家老。島津氏の分家・知覧島津家21代当主。家格は一所持で佐多・知覧を所領した。

生涯[編集]

文化10年(1813年)、父・島津久典が讒言を受けて隠居させられると、翌年にその跡を継いだ。天保5年(1834年)に江戸へ参勤し、2年あまり在府した。嘉永4年(1851年)若年寄に抜擢され、嘉永6年(1853年ペリー来航の際には藩主・斉彬の命で再び江戸へ出府し、その後3年の間勤務した。

安政3年(1856年)家老に就任。斉彬の養女・篤姫右大臣近衛忠煕の養女となる際に、表立って名前が見える。安政5年(1858年)に斉彬が没すると、幕府への報告の使者を務めている。その後は後継の茂久にも引き続き仕え、安政6年(1859年)には御軍役掛に就任したが、文久3年(1865年)家老職を辞した。また、この頃に嫡男・久徴に家督を譲っている。

登場作品[編集]

テレビドラマ