一所持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一所持(いっしょもち)は、薩摩藩における家格のひとつ。藩主島津氏の一族および重臣の17家から構成されており、最高家老職、最低でも組頭番頭として藩政の中枢を担っていた。各地に独立した世襲的な私領を有していたが、この他に側役以上が地頭兼務することから地頭として一代限り裁量権をもつ郷(外城)も存在する。

一所持の一覧[編集]

関連項目[編集]