日吉町日置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 日置市 > 日吉町日置
日吉町日置
—  大字  —
日置市役所日吉支所
日吉町日置の位置(鹿児島県内)
日吉町日置
日吉町日置
座標: 北緯31度35分22秒 東経130度20分49.7秒 / 北緯31.58944度 東経130.347139度 / 31.58944; 130.347139
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 日置市
地域 日吉地域
人口 (2010年10月1日現在)
 - 計 3,654人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 899-3101

日吉町日置(ひよしちょうひおき Hiyoshi-Chō Hioki)は、鹿児島県日置市大字。旧日置郡日置郷日置村、日置郡日置村大字日置、日置郡日吉町大字日置。人口は3,654人、世帯数は1,511世帯(2010年10月1日現在)[1]郵便番号は899-3101。

地理[編集]

日置市の中部に位置しており、大川の中流域から下流域に所在している。字域の北方に東市来町宮田伊集院町大田、南方から東方にかけて日吉町吉利、東方に伊集院町飯牟礼、西方に日吉町山田日吉町神之川東シナ海に接している。

字域の西部を海岸に沿って国道270号が南北に通っている。南部から東方に向かって鹿児島県道37号伊集院日吉線が通っている。以前は鹿児島交通枕崎線が南北に通っており、字域内には上日置駅日置駅が所在していたが、1984年(昭和59年)に廃止された。

字域の南部に施設が多く所在しており、日置市役所日吉支所や、日置市立日吉小学校日置市立日吉中学校が所在している。

西方には吹上浜が広がっており、一帯が県立自然公園に指定されている。吹上浜に沿って鹿児島県道加世田日吉自転車道線が字域の最西部を終点として南さつま市方面へ接続している。

歴史[編集]

成立から町村制施行まで[編集]

日置という地名は江戸期より見え、薩摩国日置郡日置郷(外城)のうちであり、村高は「天保郷帳」では3,287石余、「旧高旧領」では2,875石余であった。農民1,255人、漁民140人であることから農業中心の地域であったと考えられる。

鎮守は日置郷惣社の八幡神社で「地理纂考」によると伊集院郷谷口村(現在の伊集院町下谷口及び鹿児島市上谷口町にあたる)より移したとみられ新田八幡を勧誘したものである。八幡神社が移転する前は刀立神社が鎮守であったとされる。

町村制施行以後[編集]

1889年(明治22年)には町村制が施行されたのに伴い、江戸期の日置村は日置村の大字「日置」となった。1955年(昭和30年)には日置村と吉利村が合併し、日吉町の大字となった[2]2000年平成12年)に日置字六枝及び井神の各一部が吉利字石町の一部となり、吉利字六枝、春日、瀬戸口及び井神の各一部が吉利字南天牟田の一部となった[3]

2005年(平成17年)に日吉町が伊集院町東市来町吹上町と合併し、同時に大字名は従来の大字名に旧町名を冠することとなり日置市の大字「日吉町日置」となった。

字域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
吉利字石町の一部 2000年平成12年) 日置字六枝、井神の各一部
吉利字南天牟田の一部 日置字六枝、春日、瀬戸口、井神の各一部

祭事[編集]

  • せっぺとべ
    地内の八幡神社及び吉利の吉利鬼丸神社にて毎年6月第1日曜日に行われている文禄4年より続く御田植祭。祭りでは旧日吉町内の虚無僧踊り、棒踊り、鎌踊りなどが奉納されたのち、御神田で若者が踊ったり、歌ったりしながら、飛び跳ねる「せっぺとべ」が行われる。飛び跳ねるのには土を耕すという意味や、害虫を踏み潰すなどの意味がある[4][5]。せっぺとべには「精一杯跳べ」という意味がある[6]。八幡神社で行われる御田植祭は1983年昭和58年)に日吉町の無形民俗文化財に指定され、2005年の市町村合併後も日置市の無形民俗文化財に指定されている[7][5]

施設[編集]

上日置駅に現存する給水塔とプラットホーム
公共
  • 日置市役所日吉支所
  • 日置市立日吉武道館
  • 日置市立中央図書館分館
  • 日置市民病院
  • 日吉運動公園
教育
郵便局
寺社
  • 三光寺

ギャラリー[編集]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる。

大字 番地 小学校 中学校
日吉町日置 全域 日置市立日吉小学校 日置市立日吉中学校

交通[編集]

鹿児島県道37号伊集院日吉線を日置郵便局から国道270号方面を望む

道路[編集]

国道
県道

鉄道(廃止路線)[編集]

鹿児島交通枕崎線

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2.男女別人口及び世帯数 - 町丁・字等(CSVファイル)( 平成22年国勢調査 小地域集計 46鹿児島県) - 総務省統計局 2012年2月7日閲覧。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.531-532
  3. ^ 平成12年鹿児島県告示第676号(字の区域の変更、平成12年5月19日付鹿児島県公報第1576号所収)
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.1067
  5. ^ a b 八幡神社お田植祭「せっぺとべ」 - 鹿児島県公式ウェブサイト 2011年7月11日閲覧。
  6. ^ 祭りイベントカレンダー - 日置市公式ウェブサイト 2011年7月11日閲覧。
  7. ^ 文化財・伝統芸能 - 日置市公式ウェブサイト 2011年7月11日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度35分22秒 東経130度20分49.7秒