北郷氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北郷氏(ほんごうし、きたごうし、ほうごうし)は、日本の氏族。


北郷氏(ほんごうし)は、薩摩国大名島津氏の有力分家。南北朝時代の島津宗家4代当主島津忠宗の子、資忠よりはじまる[2]。資忠は北朝方として功があり、足利氏より薩摩迫一帯(現宮崎県都城市山田町)の地を与えられ、郷名を取って北郷氏を称した。その直系は室町時代から幕末にかけ日向国都城一帯を治めたが、江戸時代に島津姓に復したため都城島津氏ともいう。

北郷氏(都城領主)[編集]

1375年永和元年)、北郷資忠の子義久は薩摩迫から都之城に移り、現在の宮崎県都城市の礎を築く。 とはいうもののこれ以降、北原氏伊東氏新納氏肝付氏といった周辺勢力に押され、戦国時代初期にはわずかに都之城と安永城(現在の宮崎県都城市庄内町)を保つまでに衰えた。

しかしながら8代目北郷忠相は智勇に優れた名将で、飫肥に割拠する豊州家と結んで周辺勢力を討ち勢力を拡大、現在の都城市・三股町山之口町そして曽於市の一部(財部、末吉)に及ぶ都城盆地周辺一帯を手中に収めた。

この忠相から10代目時久までが北郷氏の全盛期といえる。 とりわけ9代目の忠親が飫肥の豊州家の養子となって後を継いだことで、北郷氏の勢力圏は日向国の南部を占めることとなったのである。 豊州家は伊東義祐に敗れて飫肥を失うが、北郷本家は領地を拡張し、時久の代には大隅の恒吉(現鹿児島県曽於市恒吉町)や外港の内之浦(現鹿児島県肝付町)までも得て日向国諸県郡から大隅国囎唹郡の大部分に至る最大版図を築いた。

北郷氏は島津氏の九州統一戦にも従軍し勇名を轟(とどろ)かせ、九州に攻め入った豊臣秀吉に対しても徹底抗戦を主張し、実際各外城に兵を入れ抗戦体制を取っていた。結局島津義久の命で降伏し、本領安堵(ほんりょうあんど)を得る。

11代忠虎島津義弘に従って朝鮮出兵に出征し、戦地で病没する。そして、太閤検地により都城から祁答院(現鹿児島県薩摩郡さつま町)に転封となってしまう。これは事実上の減封であり、都城には代わって伊集院忠棟が入った。 この転封は豊臣家のてこ入れによる島津家中の建て直しの一環であるが、北郷氏は朝鮮出兵の従軍に遅滞があったためその懲罰で減封となったと考えられている。

忠虎の子長千代丸(後の12代忠能)は幼かったため、忠虎の弟三久が家督代となり、兵を率いて朝鮮を転戦した。

旧領都城の伊集院氏が島津氏に反乱を起こすと(庄内の乱)、北郷氏は、鎮圧側として旧領奪回のため奮戦し、戦後都城に復帰することができた。ただし、すべての領地が帰ってきたわけではなく、大隅国の領地のほとんど(財部、末吉、恒吉)は島津宗家の直轄地となっている。

都城島津氏[編集]

江戸時代に入ると、北郷氏は4万石弱に及ぶ薩摩藩の最大の私領(一族功臣の領地)領主として重きをなした。 正徳2年(1712年)11月、第4代藩主島津吉貴の時代に島津家の家格整備が行われ、その際に島津左衛門家(日置島津家)、島津周防家(花岡島津家)とならび島津筑後家[注釈 1](都城島津家)は、大身分に位置付けられた[注釈 2]。大身分は、藩主へ挨拶をする儀式序列において一門四家に次ぎ、国老(家老)よりも上とされる[注釈 3]

大名といってもおかしくない石高を持つ分家でありそもそも足利将軍家より直接領地を安堵された由来があるため自立志向が強く、江戸時代初期には本宗家との確執が絶えなかった。その中、12代忠能以後は短命な当主が続き、15代久直から18代久理までは島津本宗家からの養子である。さらに一時期当主不在の時代を迎える。

17代忠長のときに藩主の命により島津姓に復し、北郷氏嫡流の血統も断絶した[注釈 4]。これより以後を都城島津氏と呼ぶ。

江戸時代を通して都城領主としての地位は変わらなかったが、本藩窮乏のためいくつかの外城を上知している。

戊辰戦争には私領一番隊を派遣し、鳥羽・伏見の戦いから会津若松城攻めまで従軍した。

戊辰戦争後の藩政改革で私領が廃されると、都城島津氏も都城から鹿児島へ移ったが、家臣や領民による引止め運動が起こる。 代わって都城に着任したのが後に辣腕(らつわん)県令として名を挙げる三島通庸で、彼はそうした抵抗勢力のなかでの行政改革に腐心することになる。

明治になって都城島津氏は都城に戻り、戊辰戦争の功で男爵となった。

北郷氏(平佐北郷)[編集]

忠虎の弟の北郷三久は元々三股領主であったが、北郷家の祁答院転封に従い新たに平佐郷(のちの薩摩郡平佐村、現在は薩摩川内市の一部)の領主となった。北郷本家の都城復帰後も平佐に残って別家を立て、私領領主となった。平佐北郷氏には、薩摩藩の城代や家老に就任した者もおり、幕末まで続いた。幕末の当主久信は戊辰戦争で海軍を率い戦功があった。北郷家の家臣の家柄に、作家・有島武郎の父・有島武がいる。

その他の北郷氏庶流も薩摩藩士として数家が続いている[注釈 5]

北郷本家~都城島津氏 歴代当主[編集]

  1. 北郷資忠
  2. 北郷義久(誼久)
  3. 北郷久秀
  4. 北郷知久
  5. 北郷持久
  6. 北郷敏久(義久)
  7. 北郷数久
  8. 北郷忠相
  9. 北郷忠親
  10. 北郷時久
  11. 北郷忠虎
  12. 北郷忠能
  13. 北郷翁久
  14. 北郷忠亮
  15. 北郷久直
  16. 北郷久定
  17. 島津忠長
  18. 島津久理
  19. 島津久龍
  20. 島津久茂
  21. 島津久般
  22. 島津久倫
  23. 島津久統
  24. 島津久本
  25. 島津久静
  26. 島津久寛
  27. 島津久家
  28. 島津久厚 - 第23代学習院院長
  29. 島津久友

系譜[編集]

太字は当主。実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻。
島津忠宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞久新納時久樺山資久北郷資忠1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義久2樺山音久基忠忠宣末弘忠直光久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久秀3忠通知久4義知
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持久5信久久珍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敏久6用棟久宣辰久常久則久久尋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
数久7忠栄近久久隆尚久久隆忠総
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠相8忠良久家久紹忠茂久利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠親9忠孝久厦忠徳久旨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時久10久通島津朝久忠増久盛融鑑資将
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相久忠虎11三久久村忠頼久栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠能12久加久純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翁久13
 
島津家久島津久直
 
春嶺忠亮14久常久精久治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久直15久中久弘忠昭資徧資在
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代松
 
島津忠長久定16久峯久嘉資弥資苗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津忠長17久浮久慶久達
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久理18久儔久英久傳久陣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久龍19忠矩久定久珉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久道久茂20久綿久央久文久敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久般21久倫22久樹久新
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久統23資全資誠久信
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久本24資将
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久静25新納資致大場資恭北郷久政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久寛26久家27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久厚28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久友29

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の当主島津久龍が筑後を名乗っていたため。
  2. ^ 後に島津図書家(宮之城島津家)が加わる。
  3. ^ 大身分が天明6年(1786年)に上級の城下士である寄合並以上の総称とされた後も別格扱いされた。
  4. ^ 18代久理の妻が垂水島津氏入来院氏を通して北郷時久の子孫であるため母系で血統はつながっている。
  5. ^ 都城島津家の家老職に北郷一門の名が見え、都城での北郷氏も存続している。

出典[編集]

  1. ^ 丹羽 1970, p. 361.
  2. ^ 太田 1934, p. 1881.

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]