豊州家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊州家(ほうしゅう け)は、薩摩国守護大名島津氏の分家。

島津宗家8代当主島津久豊の三子、島津季久よりはじまる。季久が豊後守を称していたことからこの名がついた。初代の季久の代には鹿児島に近い帖佐を領していたが、2代の忠廉の代から日向飫肥に移る。飫肥に移ってからは度々日向伊東氏の攻撃を受け、5代忠親の時に飫肥の地を奪われてしまう。7代久賀以後は帖佐・黒木の地頭として島津宗家に仕え、家老などの要職にあった。15代当主・久寶も家老職に就いたが、島津斉興お由羅の方側につき島津斉彬を排斥しようとしたため、失脚した。

正徳年間より庶流は黒岡氏を名乗るよう命じられた。

歴代当主[編集]

  1. 島津季久(1415‐1478)
  2. 島津忠廉(1439‐1490)
  3. 島津忠朝(生没年不詳)
  4. 島津忠広(1482‐1551)…子:次郎三郎、忠親(養子、北郷忠相の子)
  5. 島津忠親(1504‐1571)…子:朝久(6代)、盛久
  6. 島津朝久( ? ‐1593)…子:久賀(7代)、長寿院(松平定行の室)
  7. 島津久賀(1582‐1644)…子:久基、久守(8代)
  8. 島津久守
  9. 島津久邦
  10. 島津久兵
  11. 島津久智
  12. 島津久起
  13. 島津久中
  14. 島津久長
  15. 島津久寶
  16. 島津久典

略系図[編集]

太字は当主。実線は実子、点線は養子。[ ]は、その氏の祖を意味する。
島津久豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠国 [薩州家]
用久
[豊州家]
季久1
[羽州家]
有久
[伯州家]
豊久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠廉2 忠康 満久 芳清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠朝3 久盈 忠秋 近久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠広4 忠智
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
賀久 忠親5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北郷時久 久通 朝久6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久賀7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久基 久守8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久邦9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久兵10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久智11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久起12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久中13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久長14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久寶15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久典16

関連項目[編集]