北郷忠相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北郷忠相
時代 戦国時代
生誕 文明19年(1487年
死没 永禄2年11月16日1559年12月14日
別名 左衛門尉(通称)
諡号 仙巌浄永居士
戒名 竜峰寺仙岩浄永大禅定門
墓所 宮崎県都城市都島町の都城島津家墓地
氏族 北郷氏
父母 父:北郷数久、母:島津季久の娘
兄弟 新納忠武室、島津忠朝室、
樺山広久室、忠相
正室:島津忠廉の娘
忠親、娘(伊東祐充室)、忠孝、娘、久厦

北郷 忠相(ほんごう ただすけ)は戦国時代の武将。北郷氏8代当主。

大永3年(1523年)までは、伊東氏北原氏、更には新納氏本田氏らの四方に敵を抱えて長年戦い続け、伊東尹祐の猛攻に辛うじて都之城安永城の兵800名で領地を維持している状態だったが、尹祐の急死によって伊東氏と和議を結ぶ。これを転機として、本田親尚新納忠勝を攻め、次第に領域を拡大していく。

天文元年(1532年)、島津忠朝北原久兼と密約を交わし、三軍で伊東氏領の三俣院高城を襲撃。伊東軍に壊滅的打撃を与えた(不動寺馬場の戦い)。 伊東氏はこの敗戦に加え、家中に内紛が発生したことで三俣院の維持が困難となり、軍勢を引き上げた。

こうして伊東尹祐に奪われた領域の回復を果たし、勢いに乗じて新納氏の梅北、松山、末吉などの諸城を攻略すると、都城から三俣院高城に本拠を移した。

天文11年(1542年)には伊東・北原連合軍が再び侵攻してきたが、大楽で撃退した(大楽合戦)。この合戦以降、伊東氏は三俣方面から完全に撤退し、北原氏も野々美谷城を失って引き上げた。 この後さらに北原氏から山田城志和池城を奪取した北郷氏は庄内(現在の都城市)一円を知行する最盛期を迎えることになる。

永禄2年(1559年)、73歳で没。

参考文献[編集]