知覧町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちらんちょう
知覧町
Chiran Fumoto 01.JPG
知覧麓
廃止日 2007年12月1日
廃止理由 新設合併
川辺町知覧町頴娃町南九州市
現在の自治体 南九州市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
川辺郡
団体コード 46344-2
面積 120.19km²
(境界未定部分あり)
総人口 12,923
(推計人口、2007年11月1日)
隣接自治体 鹿児島市枕崎市旧頴娃町旧川辺町
知覧町役場
所在地 897-0392
鹿児島県川辺郡知覧町郡6204番地
外部リンク 知覧町
座標 北緯31度22分41秒
東経130度26分30秒

知覧町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

知覧町(ちらんちょう)は、鹿児島県薩摩半島の南部中央に存在したで、川辺郡に属していた。2007年12月1日川辺郡川辺町揖宿郡頴娃町と合併し南九州市となった。

武家屋敷が残っており、「薩摩の小京都」と呼ばれる。

地理[編集]

鹿児島市から南南西へ約36km、薩摩半島の南端部に位置する。町域の南部は東シナ海に面する。町域北部の内陸部が中心地域となっている。

  • 山:母ヶ岳、知覧岳、大隣山
  • 河川:麓川、永里川、永沢川、竹迫川、加治佐川、

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

江戸時代島津氏の傍流、佐多島津氏による統治が行われた。主に享保年間に島津久峯の統治下で上級武士の住居と外敵からの防御を兼ねた武家屋敷が築かれた。

1941年には町内に陸軍知覧飛行場が完成した。その後、太平洋戦争大東亜戦争)末期の沖縄戦では、知覧飛行場は本土最南端の特別攻撃隊の出撃地となった。

行政区域の変遷[編集]

行政[編集]

県の行政機関[編集]

国の行政機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

経済[編集]

産業[編集]

  • 農産
    • 知覧茶、知覧紅、コガネセンガン(黄金千貫)

工業[編集]

地域[編集]

  • 総人口 13,887 人
  • 男性人口 6,349 人
  • 女性人口 7,538 人
  • 年少人口 2,100 人
  • 生産年齢人口 7,609 人
  • 老齢人口 4,177 人
    • 総務省統計局「平成12年国勢調査」より

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

町立

電話番号[編集]

市外局番は町内全域が「0993」。市内局番が「5X」 - 「8X」の地域との通話は市内通話料金で利用可能(加世田MA)。収容局は知覧局、知覧瀬世局、知覧松山1局、知覧町塩屋局。

郵便番号[編集]

郵便番号は、塩屋・南別府を除く町内全域が「897-03xx」(知覧郵便局)、塩屋・南別府は「891-09xx」(塩屋郵便局)である。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

過去には鹿児島交通知覧線が通っていたが、1965年に廃止された。

バス路線[編集]

道路[編集]

有料道路[編集]

一般国道[編集]

県道(主要地方道)[編集]

一般県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

知覧特攻平和会館

知覧町出身の有名人[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]