島津久典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津久典
時代 江戸時代後期
生誕 天明元年5月16日1781年6月7日
死没 弘化2年8月14日1845年9月15日
別名 久軌
戒名 太雲院殿鶴汀籌山大居士
墓所 鹿児島県南九州市知覧町郡の島津墓地
主君 島津斉宣斉興
薩摩藩知覧私領主
氏族 知覧島津家
父母 父:島津久邦
久福
テンプレートを表示

島津 久典(しまづ ひさのり)は、江戸時代後期の薩摩藩士。知覧島津家20代当主。

生涯[編集]

寛政3年(1791年)、父・島津久邦の死去により家督を相続し、知覧領主となる。

文化10年(1813年)、讒訴されて種子島に流罪となり、後に許され知覧に隠居する。水垂に隠居所を設けたため、水垂御隠居様と呼ばれた。家中の士風の衰えを憤慨し、弓術は遊戯であると退けて、撃剣柔道を奨励した。弘化2年(1845年)8月14日没、享年65。

参考文献[編集]

  • 『知覧郷土史』