この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

島津忠秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島津 忠秀(しまづ ただひで、1912年(明治45年)3月27日 - 1996年(平成8年)7月9日)は日本の水産学者、切手収集家

生涯

島津家第30代当主島津忠重の息子として東京府に生まれる。香淳皇后の従弟でもある。

旧制学習院高等科から、川村多実二駒井卓岡田要たちを慕って京都帝国大学理学部に進む。卒業後は農林省に入省。

戦後は淡水区水産研究所河川部長、養殖部長、同研究所副所長などを歴任。アユの生態解明や養殖法を研究した。37年の研究職公務員生活から退いた後は、島津興業の会長を務めた。また、鹿児島大学水産学部で講義を行ったりもした。

動物切手の収集家として世界有数の存在。切手関係では島津安樹朗(あきお)の筆名を持つ。

元夫人昭子近衛文麿の長女。戦後の混乱期に忠秀のもとを去って出入りの整体師野口晴哉と駆け落ちし、『昭和ノラ事件』と呼ばれて話題になった。

1992年に84歳で逝去した。長男の忠敬は早世したために、次男の島津修久が相続した。

著書

  • 『動物切手』切手文化叢書 切手趣味社 1942
  • 島津安樹朗『切手で見る動物図鑑 哺乳類篇』蒼風書院 1955
  • 『動物切手総目録』切手趣味社 1958

脚注