伊作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊作家
No image available.svg
家祖 島津久長
種別 武家
主な根拠地 薩摩国阿多郡伊作郷 伊作城[1]
凡例 / Category:日本の氏族

伊作家(いざくけ)は、薩摩国守護大名島津氏の分家。

鎌倉時代の島津宗家3代当主、島津久経の次子、島津久長より始まる。

代々薩摩国阿多郡伊作荘(現在の鹿児島県日置市吹上地域の中心部)の地を領したことからこの名がついた。伊作氏ともいう。室町時代中期に断絶したが薩摩守護である島津氏の9代当主・島津忠国の庶子島津久逸が養子に入り継承した。

10代当主の伊作忠良の長子・伊作貴久は薩摩守護の島津勝久を退け島津宗家を称した。織豊時代以降の島津氏当主(薩摩藩主)は、この「久逸系伊作家」の流れである。

歴代当主[編集]

  1. 島津久長…子:宗久(2代)、久俊久行恒吉氏
  2. 島津宗久…子:親忠(3代)、久氏
  3. 島津親忠…子:久義(4代)、十忠親久西氏
  4. 島津久義…子:勝久(5代)
  5. 島津勝久…子:教久(6代)
  6. 島津教久…子:犬安丸(7代)
  7. 島津犬安丸…養子→久逸(島津本家9代当主、島津忠国の三子)
  8. 島津久逸…子:善久(9代)
  9. 島津善久…子:女(吉田位清の室)、女(薩州家、島津昌久室)、忠良(10代)
  10. 島津忠良…子:御南大隅肝付兼続室)、女(樺山善久室)、貴久(島津本家16代当主)、忠将相州家を継ぐ)、女(種子島時尭および肝付兼盛室)、女(島津義久室)、尚久、女(養女:種子島時尭の女 島津義久室)

系図[編集]

太字は当主。実線は実子、点線は養子。[ ]は、その氏の祖を意味する。
島津久経
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠宗[伊作家]
久長1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗久2二郎三郎久俊[恒吉氏]
久行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親忠3久氏忠武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久義4久親[西氏]
親久
久幸久次十忠久周
 
 
 
 
 
 
勝久5
 
 
 
 
 
 
教久6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
犬安丸7久逸8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
善久9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠良10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貴久忠将尚久

脚注[編集]

  1. ^ 伊作は複数の「村」を含んだ。阿多郡伊作村日置郡伊作町、現・鹿児島県日置市吹上町中原の中心街。伊作川、市来郷伊作田村の地名もある

関連項目[編集]