島津久柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津久柄
時代 江戸時代中期
生誕 享保19年6月21日1734年7月21日
死没 文化2年8月13日1805年9月5日
改名 万寿丸(幼名)、久柄
別名 又四郎(通称
戒名 法林院殿前但州徳誉宗哲勇進大居士
墓所 宮崎県宮崎市佐土原町の高月院
官位 従五位下、淡路
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
日向佐土原藩
氏族 島津氏
父母 父:島津忠雅、母:鳥居忠瞭の娘
兄弟 久智久福久柄久謐久武久中、娘(渋谷久命室)
正室:島津重豪の義妹叔母島津貴儔の娘
側室:酒匂氏
忠持久充(五男)、久儔(六男)、娘(久留島通同正室)、娘(九鬼隆張正室)、娘(樺山久年室)

島津 久柄(しまづ ひさもと)は、日向佐土原藩の第8代藩主。

生涯[編集]

享保19年(1734年)6月21日、第7代藩主・忠雅の三男として生まれる。宝暦3年(1753年)12月11日、父の隠居により家督を継ぐ。しかし明和6年(1769年)に佐土原大地震や城下町の大火事、安永7年(1778年)にも大地震が起こって大被害を受けるなど、藩政は多難を極め、藩財政も悪化した。このため、製紙業を専売化している。また、久柄には主君としての統率力がなく、そのために家臣団の間で天明騒動と呼ばれる権力闘争が起こった。このような中で天明5年(1785年)5月23日、家督を三男・忠持に譲って隠居し、文化2年(1805年)8月13日に死去した。享年72。

薩摩藩主島津重豪との関係[編集]

久柄が家督相続した2年後の宝暦5年(1755年)、薩摩藩島津重年が死去し、世子忠洪が薩摩藩主を相続したが、幼少であったため、久柄が忠洪の代理人として江戸城に登り、襲封の許可を得ている。忠洪は宝暦8年(1758年)6月13日に重豪に改名する。