島津忠喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島津忠喬(しまづ ただたか、寛政11年(1799年) - 文久元年10月12日1861年11月14日))は、今和泉島津家第9代当主。島津重豪の子(一説、重豪の従兄弟の島津久徴の子。知覧島津家島津久峰の嫡孫)の島津忠厚の子。弟に民之進(寛政13年没早世)。子に万千代(天保5年11月10日11歳で没)、卿静(万吉、安政4年11月10日26歳で没)。文政8年(1825年)、花岡島津家の島津久賢の養子になっていた島津忠剛を養子にし、のちに家督を継がせている。戒名は誠恭院殿芩翁儀道大居士。