島津久林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津久林
時代 室町時代
生誕 応永20年(1413年
死没 永享2年11月1日1430年11月16日
改名 犬太郎(幼名)→久林
氏族 島津総州家
父母 父:島津久世
テンプレートを表示

島津 久林(しまづ ひさもり)は、室町時代武将薩摩国島津氏の分家・総州家最後の(5代)当主。

4代当主・島津久世の子として誕生。

概要[編集]

応永24年(1417年)、父の久世が島津宗家8代当主・島津久豊により謀殺される。久林は川内碇山城にて抵抗していたが、頼みとしていた伊集院頼久が降伏したため祖父・守久の下へ逃げ込む。守久が宗家9代当主・忠国に敗れると、守久と共に肥前国に亡命した。

その後、真幸院徳満城に潜伏していたが、忠国に急襲され自害、総州家は断絶する。

脚注[編集]

[ヘルプ]