島津貴澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津貴澄
時代 江戸時代
生誕 元文3年11月1日1738年12月11日
死没 文化4年3月5日1807年4月12日
改名 小源太(幼名)→貴澄(初名)→元直
別名 玄蕃、越後、備前、美作(通称
墓所 鹿児島県垂水市田神の垂水島津家墓所(心翁寺跡)
主君 島津継豊宗信重年重豪斉宣
薩摩藩
氏族 垂水島津家
父母 父:島津綱貴、母:お幾(郷田兼近の娘)、養父:島津貴儔
兄弟 多数(島津吉貴の項参照)
子:島津貴品室、島津忠救室、入来院定矩室、養子:貴品

島津 貴澄(しまづ たかずみ)は、江戸時代後期の薩摩藩士。大隅郡垂水[1]領主。藩主一門垂水島津家10代当主。

経歴[編集]

元文3年(1738年)11月1日、薩摩藩第4代藩主島津吉貴の六男として父の隠居後に生まれる。母は側室のお幾(郷田兼近の娘)。異母兄に5代藩主継豊、垂水家先代当主の貴儔、同母兄に重富島津家を創設した忠紀宮之城島津家を相続した久亮、異母弟に今和泉島津家を創設した忠卿がいる。

安永4年(1775年)、貴儔が隠居して一門垂水家の家督を相続した。家中の家格は重富家、加治木家に次ぐ3番目の席次となる。

安永5年(1776年)に垂水領内に郷校「文行館」を設立し、高崎から市川鶴鳴讃岐から乾徽猷、本藩からも向井友章、黒田為国等儒学者を招聘して教育に当たらせた。

安永8年(1779年)10月、桜島安永噴火の際に、被災者の救助や復旧に尽力した。安永10年(1781年)5月、噴火による死者を供養するために、松岳寺境内に桜島焼亡塔を建てた。

享和3年(1803年)12月1日、隠居し家督を婿養子の貴品に譲る。文化4年(1807年)3月5日死去。享年70。

人物[編集]

詩文に巧みで詩集「廃簏詩稿」8巻が、文化9年(1812年)に刊行された。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『垂水市史』第1巻 垂水市史編集委員会、1973年

参考サイト[編集]