島津以久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津以久
Shimazu Mochihisa.jpg
島津以久像(原本は京都市大雲院所蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文19年6月20日1550年8月2日
死没 慶長15年4月9日1610年5月31日
改名 堯仁坊(幼名)、幸久、征久、以久
別名 又四郎、右馬頭(通称
戒名 高月院殿照誉崇恕大居士
墓所 京都府京都市大雲院
官位 従五位下右馬頭
幕府 江戸幕府
主君 島津貴久義久義弘忠恒徳川秀忠
日向佐土原藩
氏族 島津氏
父母 島津忠将佐多忠成
兄弟 入来院重豊室、以久島津忠長
北郷時久長女池上松木氏
彰久入来院重時、花庭玉蓮大姉、忠興、女子
テンプレートを表示

島津 以久(しまづ もちひさ[1])は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名日向国佐土原藩初代藩主。初名は幸久(ゆきひさ)、次いで同音で征久とし、以久(もちひさ)を「ゆきひさ」と読むのは旧名からきた誤読。

生涯[編集]

天文19年(1550年)、薩摩国永吉で生まれる。当主島津貴久の弟忠将が父。忠将は永禄4年(1561年)に戦死したので、叔父貴久、従兄義久に養育される。

永禄8年(1565年)、大隅国帖佐郷を与えられ[2]、長じて父の所領であった大隅の要衝清水城に襲封された。

天正6年(1578年)11月、日向国高城にて大友勢との戦いの時、以久は自ら敵陣に駆け入って奮戦し、これが切っ掛けになって島津勢が勝利したので、以久が第一の軍功として認められた。

天正15年(1587年)の豊臣秀吉九州の役島津氏が敗北すると領地の再編があり、琉球貿易の独占を目指した義久は、種子島氏を薩摩の知覧に移した。これに伴って、天正19年(1591年)、以久は種子島屋久島沖永良部島一万石を領することになる[2]。その後関ヶ原の戦い直前の1599年には大隈垂水の領地を与えられることになり、これ以来、垂水は島津忠将の子孫が島津一門として領有していくことになり、これが垂水島津家の興りになることになる。

佐土原藩主[編集]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで島津豊久(従甥)が戦死すると、慶長8年(1603年)、家康との関ヶ原後の戦後交渉を終えた龍伯(義久)と当主家久は、種子島移封後初めて以久を鶴丸城に召し出す。会見では龍伯から家康の意で、関ヶ原の戦い後、幕府直轄地にしていた亡き豊久の旧領である日向那珂郡佐土原3万石を新たに以久に与えると告げられ[2]、その日向佐土原藩の初代藩主となる[1]。後に康元の刀を賜った。

なお以久の孫である島津久信(信久)は豊久の妹を正室に迎え、慶長7年(1602年)には島津久敏を儲けていた。

機会があり徳川家康に拝謁したいと思った以久は、家宝の肩衝茶入を献じた。これが後に「島津肩衝」と名付けられる。

慶長13年(1608年)の駿府城普請を助けた功で、賞誉の御書を受ける。

慶長15年(1610年)、丹波国篠山城の普請のために京都に赴き、上洛中に没した。享年61。

京都四条寺町の大雲院に葬られたが、この時住職に世話になったことから、佐土原藩島津氏は曹洞宗から浄土宗宗旨替えする。長男は朝鮮の役の際に病没、次男は養子に出ており、跡を三男・忠興が継いだ。法名は「照譽崇恕高月院」

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 堀田 1922, p.666
  2. ^ a b c 朝日日本歴史人物事典. “島津以久” (日本語). コトバンク. 2020年7月10日閲覧。

参考文献[編集]