北郷翁久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北郷翁久
時代 江戸時代前期
生誕 慶長15年4月14日1610年6月5日
死没 寛永5年7月20日1628年8月19日
改名 長千代丸(幼名)→翁久
別名 山城守(通称)
戒名 覚心皎円居士
墓所 宮崎県都城市都島町の都城島津家墓地
主君 島津家久
薩摩藩都城私領主
氏族 北郷氏
父母 父:北郷忠能
母:花庭玉蓮大姉(島津征久の娘)
兄弟 翁久、春嶺良仲大姉(北郷久直正室)、忠亮久常
正室:島津家久の娘

北郷 翁久(ほんごう おきひさ)は、江戸時代初期の薩摩藩士。都城私領主である北郷氏13代当主。

生涯[編集]

慶長15年(1610年)、12代当主北郷忠能の嫡男として生まれる。元和元年(1615年)、島津宗家の人質として駿府に上り徳川家康に拝謁し太刀、縮緬等を献上する。その後、江戸へ参府し将軍徳川秀忠に拝謁し太刀、帷子等を献上し、羽織等を拝領する。寛永元年(1624年)、鹿児島城において元服。同4年(1627年)、藩主島津家久の娘を娶るが、翌年鹿児島において19歳にて病死。北郷氏の家督は弟の忠亮が相続した。

参考文献[編集]