島津友久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
島津友久
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 永享3年(1431年
死没 明応2年3月10日1493年3月27日
改名 又七郎(幼名)→友久
別名 通称:相模守
主君 島津忠昌
氏族 島津相州家
父母 父:島津忠国、母:伊作勝久の娘
兄弟 友久立久久逸勝久忠経守棟
忠弘頼久伊集院煕久
運久

島津 友久(しまづ ともひさ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将薩摩国島津氏の分家・相州家初代当主。

島津宗家9代当主・島津忠国の庶長子であったため本家を継ぐことができず、田布施を与えられて相模守を称した。これに対し、新名一仁は忠国と弟の島津持久との内紛に関する論文の中で、友久の母方の叔父伊作教久は持久方、宗家10代当主となった異母弟の立久の外祖父新納忠臣は忠国方であった事実を指摘し、忠国陣営が自派の求心力を保つために対立する伊作家の血を引く友久ではなく、支持者である新納家の血を引く立久が後継に選んだとする[1]。「相州家」の名は友久の受領名に由来している。

宗家11代当主・忠昌に対し反乱を起こすが、忠昌の討伐軍に敗れた後は宗家に従った。

明応2年(1493年)死去、享年63。

脚注[編集]

  1. ^ 新名一仁「嘉吉・文安の島津氏内訌-南九州政治史上の意義-」『史学研究』235号(2001年)/改題所収:「嘉吉・文安の島津氏内訌」新名 編『室町期島津氏領国の政治構造』(戎光祥出版、2015年)