島津久宝 (加治木家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島津 久宝(しまづ ひさたか、嘉永5年11月12日1852年12月22日) - 明治20年(1887年8月14日)は、幕末薩摩藩士。加治木島津家第10代当主。

父は島津久長。幼名は岩松、通称は又八郎、兵庫。

略歴[編集]

嘉永5年(1852年)11月12日、島津久長の子として生まれる。 安政4年(1857年)、父の死去により家督と加治木領を相続する。明治2年(1869年)の版籍奉還により、代々治めた加治木領を政府に返還して鹿児島の屋敷に移住した。

明治20年(1887年)8月14日没。家督は妻・健が同年10月4日に継承[1]。健は相良頼基の子の基直(島津久賢)を婿養子として家督を相続させ[1]、久賢は明治30年(1897年)に久宝の明治維新への功績により男爵に叙された[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』上巻、743頁。

参考文献[編集]