島津尚久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津尚久
時代 戦国時代
生誕 享禄4年1月15日1531年2月2日
死没 永禄5年3月1日1562年4月4日
改名 鎌安丸(幼名)→尚久
別名 通称:又五郎
戒名 雲秀一枝
墓所 加世田日新寺
官位 左兵衛尉
主君 島津貴久
氏族 島津伊作家
父母 父:島津忠良、母:桑御前上木貞時娘)
兄弟 御南肝付兼続正室)、御隅(樺山善久正室)、貴久忠将
にし(種子島時尭正室、後肝付兼盛正室)、花舜夫人(島津義久正室)、尚久
養女:円信院殿?(種子島時尭次女、島津義久継室)
頴娃兼洪[1]
忠長佐多忠常佐多久政か)室[2]
喜入久道継室[2]

島津 尚久(しまづ なおひさ)は、戦国時代武将薩摩国島津氏の分家である伊作家10代及び相州家3代当主・島津忠良の子。薩摩鹿籠桜之城主。

生涯[編集]

薩摩の倭寇の主として海賊衆を束ね、五尺余の大太刀を振るい、弓の達人でもあった。

享禄4年(1531年)、島津忠良の子として誕生。天文6年(1537年)、7歳にして長兄・貴久の軍勢の供をし、天文8年(1539年)の市来攻めにも同行した。天文23年(1554年)の岩剣城攻めの際は、加治木勢として出馬し活躍、翌天文24年(1555年)3月の帖佐での戦いでは、次兄・忠将と共に打ち掛かり、祁答院氏菱刈氏を敗走させている。また、永禄2年(1559年)の松山城攻めなどでも活躍する。大隅国肝付氏との廻城奪回戦の後に病にかかり、翌年に死去。この廻城攻めの際に戦死した兄・忠将を見殺しにしたと父に非難されての憤死とも言われる。[要出典]享年32。なお、尾辻佐左衛門という者が殉死している。

後に子・忠長宮之城を領したため宮之城家の祖とされることもあるが、実際はその地を治めてはいない。

脚注[編集]