相州家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相州家(そうしゅうけ)は薩摩国守護大名島津氏の分家。

島津宗家9代当主、島津忠国の庶長子である島津友久より始まる[1]。友久が「相模守」を称していたことからこの名がついた。伊作家当主から養子として相州家3代当主となった島津忠良の長子・島津貴久は島津本家を継いだ。

歴代当主[編集]

  1. 島津友久(1432-1494)…子:運久(2代)
  2. 島津運久(1468-1540)…養子→忠良(3代)
  3. 島津忠良(1492-1568)…子:(伊作家を参照)

脚注[編集]

  1. ^ 友久が家督が継げなかった背景として、母方の実家である伊作家が忠国に反抗したことを理由とする説もある(新名一仁「嘉吉・文安の島津氏内訌-南九州政治史上の意義-」『史学研究』235号(2001年)/改題所収:「嘉吉・文安の島津氏内訌」新名 編『室町期島津氏領国の政治構造』(戎光祥出版、2015年)。

関連項目[編集]