島津運久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
島津運久
Shimazu Yukihisa.jpg
島津運久(尚古集成館蔵)
時代 戦国時代
生誕 応仁2年(1468年
死没 天文8年7月1日1539年8月14日
別名 忠幸、通称:三郎左衛門尉、相模守(受領名)
主君 島津忠昌忠治
氏族 島津相州家
父母 父:島津友久
正室:常盤新納是久娘)
島津忠将室、佐多忠成室、長徳軒忠貞(庶流、江戸時代の旗本である後藤島津氏の祖)、野間喜庵
養子:忠良

島津 運久(しまづ ゆきひさ)は、戦国時代武将薩摩国島津氏の分家・相州家2代当主。

生涯[編集]

明応3年(1494年)、伊作家島津善久が下男により殺害されると、その室の常盤を娶った。この際、常盤の提示した条件が善久の遺児・菊三郎(後の忠良)を相州家の後継ぎとするというものであった。永正9年(1512年)、運久は約定通り当主の座を忠良に譲って隠居した。その後運久は宗家の領内平定戦にも参加している。

天文8年(1539年)に死去、享年72。