島津伊久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
島津伊久
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 正平2年/貞和3年2月1日1347年3月13日
死没 応永14年5月4日1407年6月9日
改名 伊久→道哲(法名)
別名 九花
神号 鎮玉堅男彦命
戒名 久哲道観大禅定門
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町島津家墓地
官位 大夫判官上総
幕府 室町幕府薩摩守護
主君 足利義満義持
氏族 島津総州家
父母 父:島津師久
兄弟 伊久碇山久安[1]
守久忠朝久照[1]

島津 伊久(しまづ これひさ)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての守護大名薩摩国守護島津氏7代当主(総州家2代当主)。

生涯[編集]

島津師久の嫡男として誕生。

島津氏は南北朝時代に総州家・奥州家に分裂、九州探題今川了俊が九州に下向すると叔父で奥州家当主・氏久と共に了俊に従い征西府と戦ったが、永和元年/天授元年(1375年)、少弐冬資が了俊に諜殺されると氏久と共に南朝に寝返り(水島の変)、永徳2年/弘和2年(1382年)年に薩摩守護に復職すると了俊に帰順した。

明徳4年(1393年)、嫡男・守久と仲違いして川辺郡平山城を囲まれたが、従弟の島津元久大隅守護である奥州家・島津氏久の子)の仲介で収まり、見返りとして薩摩守護職と島津氏家宝、領地の川辺郡(硫黄島を含む)を元久に譲った。しかし応永7年(1400年)、元久が養子としていた伊久の三男・久照と伊久一族である夫人とを突然離縁させた[1]。更に元久が薩摩守護の伊久の領地の薩摩国内に城を建て、支配を強めたことが原因で奥州家・総州家は絶縁状態になった。幕府は伊久を支持し、応永8年(1401年)には鶴田氏を除く渋谷四氏が伊久に味方して、元久と鶴田氏を菱刈(現・鹿児島県伊佐市菱刈)に追い遣るなどしたが、応永11年(1404年)に幕府の調停で和睦した。

応永14年(1407年)に平佐城にて死去。家督は守久が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『島津歴代略記』(島津顕彰会 1985年