島津久信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
島津久信
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正13年4月4日1585年5月3日
死没 寛永14年5月11日1637年7月3日
改名 菊寿丸(幼名)→忠仍→久信
別名 信久、通称:又四郎、相模守
戒名 昌嶽元盛居士
主君 島津義弘島津家久
薩摩藩
氏族 島津垂水家
父母 父:島津彰久、母:島津義久次女・玉姫
正室:島津家久三女・宗鉄
久敏久章

島津 久信(しまづ ひさのぶ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将薩摩国島津氏の分家・垂水家2代当主 (4代[1]とも)。

文禄4年12月27日1596年1月26日)、大隅国清水より転じて鹿屋・大姶良所々8千石余を賜う。慶長9年(1604年)2月、祖父・島津以久の上洛の際に、徳川家康より佐土原を与えられた。この時、以久は本領の大隅の地を久信に譲った。慶長9年12月15日1605年2月2日)に垂水城に移る。

島津宗家16代当主・島津義久には、跡継ぎとなる男子が無く、また、義久の三女・亀寿島津忠恒(家久)との間にも子は無かったため、義久は外孫である久信も後継者の1人と考えたが、家臣の反対にあい頓挫した。元和2年(1616年)隠居を命じられ、家督を久敏に譲る。

寛永14年5月11日1637年7月3日)鹿屋にて死去、享年53。

参考文献[編集]

  • 「垂水領主島津家家譜」『垂水市史料集(六)』垂水市教育委員会、1985年3月

脚注[編集]

  1. ^ 町田満男・入佐義則『垂水史料集(六)』垂水市教育委員会