島津忠持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
島津 忠持
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和3年6月29日1766年8月4日
死没 天保2年1月26日1831年3月10日
改名 勝丸(幼名)、忠持
別名 又之進
戒名 徳寿院殿前淡州刺吏仁誉崇興翫山大居士
墓所 宮崎県宮崎市佐土原町の高月院
官位 従五位下、淡路
幕府 江戸幕府
日向佐土原藩
氏族 島津氏
父母 父:島津久柄
母:島津重豪の義妹・叔母(島津貴儔の娘)
正室:島津久徴の娘(島津重豪の養女)・明子
忠徹、小川久徳(次男)、久業(三男)

島津 忠持(しまづ ただもち)は、日向佐土原藩の第9代藩主。宗藩の島津重豪の従弟であり、義理の甥。幼名は勝丸。通称は又之進。官位は従五位下淡路守。

生涯[編集]

明和3年(1766年)6月29日、第8代藩主・島津久柄の三男として生まれる。天明5年(1785年)5月23日、父の隠居により跡を継ぐ。この頃になると外国船が日本に現れるようになったため、[要出典]寛政5年(1793年)に幕府に対して海防の意見書を出している。藩財政再建のために藩士の知行のうち半分を3ヵ年上納させた。また、藩士に崎門学派の儒者御牧直斎のもとで学ばせた。文化13年(1816年)、長男・忠徹に家督を譲って隠居した。文化14年4月、全国諸山での修行を終えた野田泉光院と会見する。天保2年(1831年)1月26日に死去した。享年66。