野田泉光院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野田 泉光院(のだ せんこういん、宝暦6年(1756年) - 天保6年(1835年))は、江戸時代修験僧山伏)。本名は成亮(しげすけ)。俳号は一葉。

野田氏は代々佐土原藩に仕えており、当山派修験安宮寺の住職を務めた。泉光院は文化9年9月3日1812年10月8日)、全国の諸山を巡る修行に出て、全国各地を訪れ、文政元年11月7日1816年12月4日)佐土原に帰った。その6年2ヶ月にわたる旅を『日本九峰修業日記』に書き残している。これは当時の風俗を生き生きと活写している貴重な史料として、歴史家より高く評価されている。

著書[編集]

  • 野田泉光院『日本九峰修行日記』杉田直編、私家版、1935年
  • 野田泉光院『日本九峰修行日記』鈴木棠三校注『庶民生活史料集成2』1969年、三一書房
  • 宮本常一『野田泉光院』(未來社、1980年)ISBN 978-4-624-11052-9
  • 石川英輔『泉光院江戸旅日記』(講談社、1994年)ISBN 4062068419
  • 石川英輔『大江戸泉光院旅日記』(講談社、1997年)ISBN 4062635194
  • 石川英輔『泉光院江戸旅日記』(ちくま学芸文庫、2014年)ISBN 4480096264