島津久寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島津 久寿(しまづ ひさとし、寛文4年閏5月17日1664年7月10日)- 元禄6年8月3日1693年9月2日))は、日向国佐土原藩の第5代藩主。島津久富(第2代藩主・島津忠興の次男)の長男。母は薩摩藩家老・鎌田正統の娘。正室は島津氏。養子に島津惟久島津久武(実弟)。官位従五位下式部少輔

生涯[編集]

従兄にあたる先代藩主の忠高延宝4年(1676年)に早世し、その息子である万吉丸(のちの惟久)が幼少であったため、その代つなぎ(番代)として家督を継ぐことを許された。しかしこのような経緯から藩主としての統制力がなく、藩内では父と家老の松木氏(2代藩主・忠興の母の実家の子孫)の対立が発生し、さらに本家の薩摩藩も藩政に介入するようになるなど、藩は大混乱に陥った。

元禄3年(1690年5月29日、16歳に成長した惟久に家督を譲った。その後、幕府の意向により惟久より3000石を島之内に分与されて旗本寄合となった。後に大坂城番を務めている。元禄6年(1693年)8月3日、江戸で死去した。享年30。法号は青原院殿篤誉勇信義哲居士。墓所は東京都小金井市前原町の幡随院

久寿から始まる系統が、島之内島津家である。また薩摩藩の島津義弘のように、久寿はあくまで番代として扱われ、歴代藩主として数えない史料も多い。