島津国久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津国久
時代 戦国時代
生誕 嘉吉2年(1442年
死没 明応7年2月29日1498年8月16日
改名 国久→伊甫(法名)
別名 通称:三郎太郎、薩摩守
戒名 桂林
幕府 室町幕府薩摩守護代
氏族 島津薩州家
父母 父:島津用久
兄弟 国久延久、芳雲夫人(島津立久室)
成久忠綱秀久光久

島津 国久(しまづ くにひさ)は、戦国時代武将薩摩国島津氏の分家・薩州家2代当主。

嘉吉2年(1442年)、薩州家初代当主・島津用久の長子として誕生。

島津宗家11代当主・島津忠昌と対立し、所領の出水で叛旗を翻す[1]。国久は大隅国国分方面に侵攻したが、忠昌が救援に出向いたため撤退。手薄になった加世田を占領する。同時期に国久に応じるように豊州家島津季久相州家島津友久が反乱を起こす。友久は鎮圧され季久も降伏するが、国久は出水で勢力を保っていた。

文明16年(1484年)、伊作家島津久逸が忠昌に背き鹿児島に侵攻すると、忠昌に従い鹿児島の守備についている。また季久の子で豊州家2代当主・忠廉が久逸と時を同じくして反乱を起こすとこれを説得。味方につけて共に久逸を攻撃、久逸の反乱を治めている。こうして一種の半独立状態にあった薩州家だったが、明応7年(1498年)、国久が没すると跡目を巡り御家騒動が勃発。各分家を巻き込む騒乱となった。

脚注[編集]

  1. ^ 伊地知季安が編纂した『御当家始書』によれば、島津当家10代当主・島津立久は国久を養嗣子に迎えていたが、喝食として寺に預けられていた忠昌が当主になったとされる。