島津忠厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津忠厚
時代 江戸時代
生誕 天明2年5月19日1782年6月29日
死没 弘化4年3月16日1847年4月30日
別名 雄五郎、因幡、安芸、久邦
主君 島津斉宣島津斉興
薩摩藩
氏族 島津氏
父母 父:島津重豪(異説では島津久徴の子)、養父:島津忠温
兄弟 斉宣奥平昌高忠厚
久徳忠喬、娘(島津久陽室)、娘(島津忠公室)

島津 忠厚(しまづ ただあつ)は、島津氏今和泉家第8代当主。

生涯[編集]

天明2年(1782年)5月19日、出生し、天明7年(1787年)6月、藩主島津重豪の実子(三男)として幕府に届けられる。「近秘野艸」(『鹿児島県史料』「伊地知季安著作史料集六」所収)では加治木島津久徴の子とされている。また、「鹿児島県史料集」の『家譜』では旗本佐土原藩分家の島之内島津家当主の島津久般(式部少輔)の密子(都合上、認知出来ないために存在が秘密になっている子)が生母とされている。

父の従兄弟の島津忠温の遺跡を相続し、今和泉家の当主となる。文化6年(1809年)、重豪の孫の島津斉興が藩主に就任すると、その後見を務めた。

文政8年(1825年)、隠居して家督を忠喬に譲る。弘化4年(1847年)3月16日死去。享年66。

参考文献[編集]