新納旅庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
新納旅庵
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文22年(1553年
死没 慶長7年10月26日1602年12月9日
改名 長住→休閑斎(号)
別名 旅庵
主君 島津義弘
氏族 新納氏
父母 父:新納康久
兄弟 又八郎、久饒旅庵忠秀
田尻但馬室、伊地知重政
新四郎
養子:久詮

新納 旅庵(にいろ りょあん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将島津氏の家臣。日向国高原大隅国栗野薩摩国市来地頭。諱は長住、号は休閑斎

略歴[編集]

天文22年(1553年)、新納氏庶流・新納康久の三男として誕生[1]。幼少の頃より出家、遊行上人に従い諸国を巡歴、後に肥後国八代荘厳寺の住職となり、旅庵と号す。

天正15年(1587年)、島津義久の命で還俗、島津義弘の家老となる。文禄・慶長の役関ヶ原の戦いでは義弘に従い出陣。伏見城に篭る鳥居元忠の許に向かい入城を申し込むが、拒絶されている。関ヶ原からの退却途中で義弘一行とはぐれ、鞍馬に潜伏、そこで家康の落人詮議役であった山口直友に見つかり東軍の捕虜となった。旅庵は徳川家康の尋問を受け、島津義久・忠恒に上洛を促すよう命じられ解放される。

関ヶ原以降は家康との交渉にあたり島津家の本領安堵のため奔走した。講和が成立してしばらく後、忠恒に従い上洛していた旅庵は、慶長7年(1602年大坂の地で病死している。

なお、フランシスコ・ザビエルにより幼少時に洗礼を受けていた事があるという。

脚注[編集]

  1. ^ 長兄は戦死している。