高橋紹運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
高橋紹運/高橋鎮種
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年
死没 天正14年7月27日1586年9月10日
改名 千寿丸(幼名)→ 吉弘鎮理 → 高橋鎮種、
紹運(号)
別名 孫七郎(通称)、三河入道、主膳兵衛、主膳入道(仮名)
諡号 紹運、紹雲
神号 三岩霊神
戒名 天叟院殿性海紹運大居士
墓所 福岡県太宰府市の西正寺、
岩屋城二の丸跡の高橋紹運墓、
福岡県柳川市の天叟寺、
福岡県大牟田市の紹運寺
官位 主膳正
主君 大友宗麟
氏族 吉弘氏高橋氏
父母 父:吉弘鑑理
兄弟 吉弘鎮信紹運
尊寿院大友義統室)、女(戸次宗傑室)
正室:斎藤鎮実の妹(または娘)・宋雲院
立花宗茂立花直次(高橋統増)
娘(大友義乗室)、娘・甲斐(立花成家室)、娘・於千代(小田部統房室)、
娘・加屋(立花親家室後に細川興元室)

高橋 紹運(たかはし じょううん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将豊後大友氏の家臣。吉弘鑑理の子で、立花宗茂の実父にあたる。

紹運は法名であり、初めは吉弘 鎮理(よしひろ しげまさ / しげただ)、のちに大友宗麟の命令で筑後高橋氏の名跡を継ぎ、高橋 鎮種(たかはし しげたね)と称した。

生涯[編集]

高橋家相続[編集]

天文17年(1548年)、大友義鑑の重臣・吉弘鑑理の次男として豊前国筧城[1]に生まれる。義鑑の子・大友義鎮(のちの宗麟)と父・鑑理から1字ずつ賜り鎮理と名乗る。永禄4年(1561年)、初陣は13歳で対毛利氏の第四次門司城の戦いと考えられている。永禄10年(1567年)、大友氏の家臣であった高橋鑑種豊前国筑前国肥前国ら国人と連携して謀反を起こした際、父・鑑理や兄・吉弘鎮信と共に出陣して武功を挙げた。

永祿十二年(1569年)に大友義鎮(宗麟)の命により高橋氏の岩屋城宝満城の2城を継ぎ、名を鎮種と改めた。以降は北九州の軍権を任されていた立花道雪と共に筑前国を支配することとなる。

北九州各地の転戦[編集]

その後、鎮種含む大友の筑前五城将(道雪、鎮種と鷲ヶ岳城大鶴鎮正荒平城小田部紹叱柑子岳城臼杵鎮続木付鑑実)は筑前、筑後、肥前、豊前諸勢力(秋月種実筑紫広門原田隆種龍造寺隆信宗像氏貞麻生元重杉重良問註所鑑景城井鎮房長野助盛千手宗元)と戦を繰り返す。[2]

天正6年(1578年耳川の戦いで大友氏は薩摩国島津氏に大敗を喫する。この大敗により鎮種兄の吉弘鎮信、妻兄の斎藤鎮実大友氏重臣の角隈石宗佐伯惟教田北鎮周など多数の有力武将が戦死。肥前国の龍造寺氏や筑後国の筑紫広門、筑前国の秋月種実らが大友領への侵攻を開始した。 同年鎮種は剃髮して紹運と号している。

天正9年(1581年)、男子のいない道雪の度重なる要請により、嫡男・統虎を道雪の娘・誾千代の婿養子とした。これにより高橋家は次男高橋統増が継ぐこととなる。

筑後遠征[編集]

天正12年(1584年)の沖田畷の戦いで龍造寺隆信が討死。 島津方の圧力が強まる中、3月、紹運と道雪は大友義統からの出兵要請を受け、両家合わせておよそ5,000の兵で黒木家永筑後猫尾城へと出陣。筑後川や筑後鷹取山耳納連山などを越え、秋月、筑紫、草野、星野らを撃退した。19日、猫尾城の支城・高牟礼城下に到着。道雪は城将・椿原氏部を調略。高牟礼城を開城させ、川崎重高の犬尾城を攻落した。28日は城島城、酒見・榎津・貝津を掃討。9月1日には猫尾城を落城させた。

8日、蒲池鎮運の山下城や谷川城、邊春城、兼松城、山崎城、田尻鑑種の鷹尾城など筑後諸城を降伏、攻落。 龍造寺家晴の柳川城とその支城、百武賢兼の妻・圓久尼が鎮守する蒲船津・百武城は難攻の城であり、10月3日に筑後高良山座主・丹波良寛の勧めもあったため、道雪・紹運は軍勢を転じて久留米城、安武城、西牟田城、吉木城を攻落した。4日、両軍は草野鎮永の発心岳城を進攻し、星野吉実の鷹取城、福丸城、11月14日に問註所康純の井上城を攻めた。 その後田原親家は豊後に引揚げたが、紹運、道雪や朽網鑑康志賀親守らは、高良山から筑後川に沿いに布陣したまま越年した。

天正13年(1585年)2月上旬から4月23日にかけて、肥前・筑前・筑後・豊前連合軍(龍造寺政家龍造寺家晴鍋島直茂後藤家信筑紫広門波多親草野鎮永星野吉実秋月種実問註所鑑景城井鎮房千手鑑元長野種信など)およそ30,000余の軍勢と、小森野、十三部、祇園原などの地で激戦を重ねる(筒川合戦や久留米合戦)[3]。 道雪と紹運、鑑康ら大友軍は9,800兵の劣勢ながらも敵軍を退けた。

天正13年(1585年)9月、道雪が病没。これを好機と見た筑紫広門に宝満城を奪取されたため、紹運は筑後遠征を中止して宝満城を奪回する。のちに広門と和睦し、広門の娘・加袮を次男・高橋統増の正室に迎えた。

岩屋城の戦い[編集]

天正14年(1586年)、島津氏が大友氏を滅ぼすべく岩屋城・宝満山城のある太宰府まで北上。紹運は防御の薄い岩屋城にておよそ763名と共に籠城、島津軍の降伏勧告を拒絶し徹底抗戦した(岩屋城の戦い)。 約二週間に及ぶ戦いの末、紹運をはじめとする高橋勢は全員討死、岩屋城は陥落した。享年39。 激戦の様子について 『筑前続風土記』には「終日終夜、鉄砲の音やむ時なく、士卒のおめき叫ぶ声、大地もひびくばかりなり。城中にはここを死場所と定めたれば、攻め口を一足も引退らず、命を限りに防ぎ戦ふ。殊に鉄砲の上手多かりければ、寄せ手楯に遁れ、竹把を付ける者共打ち殺さる事おびただし」、 『北肥戦記』には「合戦数度に及びしかども、当城は究意の要害といい、城主は無双の大将といい、城中僅かの小勢にて五万の寄せ手に対し、更に優劣なかりけり」、 『西藩野史』には「紹運雄略絶倫、兵をあげて撃ち出し、薩軍破ること数回、殺傷甚だ多し」などと記されている。

紹運は度々の降伏勧告を拒絶し玉砕したというのが通説だが、当時の島津の記録である『上井覚兼日記』天正十四年七月二十六日条において、紹運が笠の陣まで出向き退城しないことを条件に講和を持ちかけたとの記録も存在する。

人物・逸話[編集]

  • 『高橋記』は紹運について「文武に通じ徳智謀達し、諸人に情深く忠賞も時宜に応じ私欲は無く、古今稀なる名将であり」、数百人の侍が岩屋城で共に戦死した理由がそこにあると記し、また紹運の人となりを義に於き「義に生き義兵を以て義に死んだ。家中の勇も仁義の勇である。」、「賢徳の相有りて、衆に異る。器量の仁にてましませば」と評価している。しかし同時に「古今稀なる名将なりと云共、未だ御齢惑はぬ比に、充たせ給わねば、其壮なるに及びて、血気方に剛くましまして、臨機応変の謀計をも兼られず、難きを先にする本意を守らせ玉ふに依て也」といった批判的な評価も併せて記されている。
  • 『筑前国続風土記』では「紹運 平生情深かりし故 且は其の忠義に感化せし故 一人も節義うしなわざるべし」と評価される。
  • 斎藤鎮実の妹(一説に娘とも)・宋雲院との結婚が決まっていたが、度重なる戦で婚儀が延び、その間に鎮実の妹は疱瘡を罹い、容貌が悪くなってしまった。鎮実は破談を申し出たが、紹運は「私は彼女の容姿に惚れて婚約を決めたのではない、心の優しさなど内面に惹かれて婚約を決めたのだから、容姿が変わろうとも問題はない」と、そのまま正妻として迎え、二男四女を儲けた。紹運の菩提寺である柳川市天叟寺に祀られている紹運の位牌は現在、宋雲院との比翼の位牌となっており、墓所も夫婦合葬されている。
  • 長男の統虎の婿入りの際、紹運は統虎に対し「道雪殿を実の父と思って慕うように」と言い聞かせた。また、備前長光[4]を与え「道雪殿とわしが争うことになったならこれでわしを討て」と訓戒したといわれている。
  • 耳川の戦いでの大敗を機に、前当主・高橋鑑種の頃からの筆頭家老北原鎮久は紹運に大友氏を見限るよう説得したが、紹運はそれを拒絶した。秋月種実はこれに目をつけ鎮久を籠絡、主君紹運を放逐させるよう画策したが、企みは紹運に露見し失敗。鎮久は岩屋城に登城するところを誅殺された。その後紹運は、経緯を知らない鎮久の子・北原種興に誅殺の仔細を説明し、種興を不問に付して遺領を継ぐことを認めた。一方、秋月種実は鎮久の内応確約を受け取り、内田彦五郎に命じ岩屋城を奪うべく300名ほどの軍勢を派遣するが、この内応確約は紹運と示し合わせた種興の策略であり、紹運率いる軍勢に待ち伏せされて内田は戦死、軍勢も生きて帰れたのは30余名ほどだったと言われる。(血風奈須美の陣)。汚名を雪いだ北原種興はその後、高橋家の重臣として用いられることとなった。
  • 秋月氏筑紫氏原田氏ら周辺の反大友勢力と常に数の上では劣勢となる戦いを強いられたが、敵陣に援軍到着の虚報を流し、退路に見せかけの援軍の旗を立たせて混乱を誘うなど、武勇だけではなく、智将としての活躍も伝えられている。
  • 岩屋城の戦いの最中、島津方の武将が城方に矢止めを請い「なぜ仏法を軽んじ、キリスト教に狂い人心を惑わす非道の大友氏に尽くされるのか。貴殿の武功は十分証明されました。降伏されたし」と問いかけた時、紹運は中櫓の上から「主家が隆盛しているときは忠勤に励み、功名を競う者あろうとも、主家が衰えたときには一命を掛けて尽くそうとする者は稀である。貴方自身も島津の家が衰退したとき主家を捨てて命を惜しむのか。武家に生まれた者として恩・仁義を忘れるものは鳥獣以下である」と応え、敵味方双方から感嘆の声があがったと言われている。
  • 岩屋城の戦いにおいて、紹運以下全員が玉砕することになるが、島津軍にも戦死傷者3000人とも言われる甚大な被害を与えた。島津軍は軍備立て直しのため時間がかかり、豊臣軍の九州上陸を許してしまう。紹運らの命を賭した徹底抗戦は結果的に島津軍の九州制覇を打ち砕くことになった。
高橋紹運の墓(右)と岩屋城の戦いの戦没者慰霊碑(左奥)[岩屋城二の丸跡]
  • 岩屋城落城後、般若坂の高台にて紹運以下の首実検が行われた。攻め手の総大将島津忠長は床几を離れ地に正座し、「我々は類まれなる名将を殺してしまったものだ。紹運殿は戦神の化身のようであった。その戦功と武勲は今の日本に類はないだろう。彼の友になれたのであれば最高の友になれただろうに」と諸将とともに涙を流し手を合わせたと伝わっている。
  • 1587年、豊臣秀吉は薩摩国に入り島津氏を降伏させる。帰途太宰府の観世音寺、後の山王の社に統虎を呼び、父紹運の忠節義死を「この乱れた下克上乱世で、紹運ほどの忠勇の士が鎮西(九州)にいたとは思わなかった。紹運こそこの乱世に咲いた華(乱世の華)である」とその死を惜しんだと伝わっている。
  • 岩屋城甲の丸跡には、家臣の子孫によって建立された「嗚呼壮烈岩屋城址」の碑がある。
  • 岩屋城下に石で築かれた塚がある。この塚は島津軍に金で雇われ、水の手に導いた老婆が落城後、紹運を慕う領民に責められ、生き埋めにされたと伝わっている。
  • 紹運以下、高橋家家臣団の命日7月27日には、現在でも縁者による岩屋城戦犠牲者追悼法要が行われている。

家臣団[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【統幸公ゆかりの地・其の二】筧城(吉弘氏館)跡 伝承地 | 豊後高田市 http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_02546.html
  2. ^ 数次の岩屋、宝満城攻防、柴田川の戦い、蓑島城攻め、石栗領の戦い、石坂の戦い(鍬摺の戦いとも)、荒平城救援、二日市の戦い、太宰府の戦い、鞍手の戦い、吉水の戦い、鷲ヶ岳城救援、高尾山の戦い、豬膝の戦い、蘆木山の戦い、奈須美の戦い、観世音寺の戦い、数次の嘉麻・穗波の戦い(石坂、八木山、潤野原の戦いとも)、吉原口防戦、許斐山城攻め、米山の戦いなど。
  3. ^ 『郷土資料 第1 歴史之部』(久留米初等教員会)
  4. ^ 重要文化財。立花家史料館蔵。http://www.tachibana-museum.jp/muneshige/point.html

高橋紹運を題材とした作品[編集]

外部リンク[編集]


先代:
高橋鑑種
筑後高橋氏当主
高橋鎮種(紹運)
次代:
高橋統増