フランキ砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
のフランキ砲(北京 首都博物館蔵)。

フランキ砲(フランキほう)とは、16世紀大砲の種類で、原始的な後装砲である。フランキとも。主に東アジア史西洋人によりもたらされた後装砲を意味する用語である。

日本に最初に伝わった大砲ともされる。日本では大友宗麟が使った大砲として知られるが、正確には特定の砲ではなく砲の種類である。

「フランキ」(仏狼機)とはフランク人 (ポルトガル語: Francoオランダ語: Frank) の転訛で、東方から見て西欧人を、あるいは、中国や日本では特にポルトガル人スペイン人を意味した(「南蛮人」とほぼ同義)。

構造と特徴[編集]

フランキ砲「国崩し」(東京 遊就館蔵)。

現在の後装砲のように砲尾が開閉するのではなく、砲尾上面が大きく開口しており、砲弾発射薬を中に収めた単装式の弾倉(「装填筒」「副砲」「子砲」「小筒」などと呼ばれる)を挿入し、砲尾側面から木製のペグ(楔)を打ち込むことで砲身へ固定する。この構造から、必然的にプレッシャー(腔圧)が大きくなる大口径砲を作るのにはあまり向かず、西欧では主に小型の旋回砲として用いられている。

あらかじめ装填筒を複数用意することで、前装砲に比べて速射が可能になる利点があったが、その一方で、装填筒による密閉は完全とは言い難く(当時の技術による、工作精度上の問題が大きい)、ガス漏れで威力は低く事故も多かった。

このため、西欧では砲身一体型の鋳造砲に信頼性の点で敗れ、16世紀末には廃れてしまった形式であるが、火砲の普及が遅れたアジアではかなり遅くまで用いられた。

フランキ砲の多くは青銅鋳造滑腔砲である(ただし、初期には鍛造錬鉄製の砲も多い)。

日本への伝来[編集]

臼杵公園(臼杵城跡)にあるフランキ砲(「国崩し」)のレプリカ

「国崩し」[編集]

1576年天正4年)、キリシタン大名大友宗麟が、日本に布教に来たポルトガル人宣教師達から火縄銃硝石等と共にフランキ砲を輸入したとされ、日本で最初の大砲といわれる。

砲はインドゴア交易品として作られたもので、本来は艦砲用の設計である。

輸入された2門(10門とも)のフランキ砲は、その大きな威力から「国崩し(くにくずし)」と名づけられた。これは「(敵の)国をも崩す」という意味であったものの、配下の中にはこれが「自国を崩す」意味にもつながるとして嫌ったと言われる。果たしてその後大友氏は薩摩の島津氏に蹂躙されることとなった。しかし宗麟の臼杵城篭城の際は、その巨大な砲弾と威力で敵の島津軍を驚かせ、食い止めるのに役立った[1]

大友氏除国後も、江戸時代を通じて臼杵城本丸に配備されていた。

現状[編集]

靖国神社付属の博物館「遊就館」に、「国崩し」の1門が展示されている。明治初頭廃藩置県時に国へ献上された。口径9cm、全長290cm。

臼杵城跡地の臼杵公園と、臼杵図書館に、この砲の複製が置かれている。

脚注[編集]

  1. ^ もっとも臼杵城にいた志賀親守はすでに島津と通じていたともされ、島津軍側も臼杵城落城にこだわることなく、押さえの兵を残して進撃している。なおフロイス日本史によると、臼杵の町は破壊し尽くされ、住民が避難していた城内は衛生的にも食糧事情的にも悲惨な状況であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]