午砲台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪城午砲台
1922年に廃止される直前の様子。

午砲台(ごほうだい)とはかつて報時のための午砲(空砲)を撃っていた場所のことである。午報所とも呼ばれた。1871年、午砲の制が定められ全国各地に設置されている。空砲の音はドンとも呼ばれ親しまれたことから、後にドン山などという愛称が付けられた午砲台も存在する。

皇居旧本丸跡[編集]

習志野原の午砲台(千葉県)[編集]

  • 千葉県習志野市東習志野に存在。かつて習志野原演習をしている兵士に時刻を知らせる為に報時が行われていた。現在では、習志野名所のひとつとなっている。

ドン山(新潟県)[編集]

  • 1873年明治6年) - 新潟市寄居砂山に午砲所が設置され、報時業務を開始。
  • 1919年大正8年) - 旧制新潟高等学校建設に伴い新潟市西船見町の高台に移転。やがて、ここがドン山と名付けられる。
  • 1924年大正13年)
    • 礎町に皇太子(後の昭和天皇)の成婚記念として報時塔が建造される。同塔屋上からの汽笛による報時が開始されたことに併せて、ドン山における空砲による報時は廃止された(汽笛による報時は1943年昭和18年)まで行われた。なお戦時中は、空襲警報にも用いられた。)
  • 2006年平成18年)現在 - ドン山の周囲は西海岸公園の一部として整備されており、砲台の跡地にはレプリカの砲が設置されている。

大阪城趾(大阪府)[編集]

現在の午砲

ドン山(岡山県)[編集]

  • 1909年明治42年)1月 - 岡山市半田山(現・岡山理科大学敷地内)に午砲台が設置され、報時業務を開始。やがてドン山と名付けられる。
    • 午砲の運営は陸軍第17師団が行っていたが大正年間に師団の駐屯が解消され、岡山市が維持を請け負うようになる。使用された砲は、日露戦争の戦利品といわれた。
  • 1922年大正11年)8月 - 長く続いた午砲は軍縮で午砲廃止を決め、岡山山砲隊も廃止され、8月15日を最後に軍の運用する『ドン』は消えた。
  • 1929年昭和4年)3月 - 岡山市が財政難のため報時業務を断念。
  • 1945年昭和20年)6月 - 6月29日の岡山大空襲においてB-29部隊が編集した作戦用資料に『SIGNAL GUN』と表示されていた。
  • 2009年平成21年)

ドンの山(長崎県)[編集]

  • 1903年明治36年)
    • 10月5日 - 長崎市の要請により風取山山頂に午砲所が設置され、長崎報時観測所[1]長崎海洋気象台の前身)が報時業務を開始。やがてドンの山と呼ばれるようになる。
  • 1941年昭和16年)3月 - 報時業務が廃止される。
  • 2006年平成18年)現在 - 周囲はドンの山公園(日の出町)として整備されており、砲台の跡地にはかつて使われた砲が設置されている。

熊本城趾(熊本県)[編集]

  • 1884年明治17年) 熊本城内に設置された熊本鎮台が報時業務を開始。江戸時代に生産された国産の砲が用いられていたという。
  • 1943年昭和18年) 太平洋戦争の戦局悪化に伴い報時業務を廃止。砲は金属供出のため鋳つぶされたという。

海外の午砲台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長崎測候所とも。

関連項目[編集]