半ドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

半ドン(はんドン)とは、午前中に業務・授業が終了して午後が休みの早期終業のことを指す俗語。午後半休のこと。

語源[編集]

半分ドンタク(休業)を略して「半ドン」となった[1][2]江戸時代末期、オランダ語日曜日を意味するzondagという言葉が長崎出島より伝わり、ドンタクと訛って休日や休業を意味するようになった[3]。1876年に公官庁で土曜半休となった折に、半分のドンタクなので「半ドン」と呼ばれるようになった、と新聞が報じている[4]

異説として

  • 富山藩では正午に音の花火を上げて時を知らせていたことから半ドンと言われるようになった(富山エリア)。
  • 明治時代より太平洋戦争中にかけ、正午午砲(空砲)を撃つ地域があり、半日経った時間に「ドン」と撃つことから「半ドン」と呼ばれるようになった[5]
    • ドンタクという表現が使われなくなったことから生まれた異説で、昭和初期の随筆集にそのことが伝えられている[3]
  • 半分休みの土曜日という意味で「半土」という言葉が生まれ、それが転じて「半ドン」と言われるようになった[5]

経緯[編集]

土曜半休は1850年のイギリスの工場法改正により立法化され、日本には1876年明治9年)に日曜日全休と合わせて官公庁に導入された。

おおむね1980年代頃まで、多くの官公庁・企業・学校で土曜日は半ドンであったが、その後に週休二日制が導入されて定期的な早期終業が少なくなり、今日では死語になりつつある[5]。一方、医療機関では現在でも土曜日は午前中のみ診療するところがあり、水曜日または木曜日も午前中のみ診療するところがある。なお、診療時間の設定は医療機関側の自由であるため、医師会などが強制することはない。

関連用語[編集]

花金(はなきん)
「花(華)の金曜日」を略した俗称。週休二日制の普及したバブル景気の頃、金曜日は翌日を気にせずに会社帰りに酒を飲める日となったため、サラリーマンが羽を伸ばせる日として流行した言葉。しかし、景気が衰退するとともにあまり使用されなくなり、半ドンと同じく死語になりつつある。[6]英語でも似たような言葉としてTGIF(Thank God It's Friday)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑』第六版、岩波書店、2008年。
  2. ^ 日本国語大辞典』第二版、小学館、2000年 - 2002年。
  3. ^ a b 高橋康文 『教師の手帖:随筆集』 三教書院、1938年、291-295頁。NDLJP:1461898
  4. ^ “オヤ今日ハ大そう御愉快でしたねへ…”. 読売新聞: 3面. (1876年5月25日). "前から休日をドンタクと心得てゐるところから土曜日ハ半日の休みゆゑ半どんト云ふ通言だそうで有ります" 
  5. ^ a b c 半ドン”. 語源由来辞典. 株式会社ルックバイス. 2016年4月6日閲覧。
  6. ^ 花金”. 日本語俗語辞書. 株式会社ルックバイス. 2016年4月6日閲覧。