紙屋城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

紙屋城(かみやじょう)は現在の宮崎県小林市野尻町(旧西諸県郡野尻町)にあった日本の城山城)。

概要[編集]

伊東四十八城の一つ。

城は、南北に伸び北側以外が険峻なに挟まれた要害の地に建てられ、S字型の連郭式山城で5つのと10にも及ぶがあった。

北側から1-3段目の濠は東西のを結び人工的に作られたものであるが、それ以外は天然の地形を利して最小限の普請で作られている。 北側から5段目と6段目の濠の間に鐘撞堂が存在し、6段目と7段目の濠の間にあった4番目の郭が本丸に該当した。

2段目の濠跡が、昭和63年(1988年3月8日に野尻町文化財に指定されている。

歴史[編集]

築城年代は不明、築城者は紙屋氏であるという。

天正5年(1577年)12月7日、伊東氏家臣で野尻城の城主・福永祐友島津氏に寝返ると、紙屋城主で祐友の縁戚であった米良主税助もこれに呼応したため、その翌日に紙屋城も島津氏の城に帰した。

元和元年(1615年)の一国一城令により廃城

関連項目[編集]